【炊飯の防災訓練】子どもと一緒にいつもと違う方法でお米を炊いてみよう#2 

SHARE

こんにちは、misaです。今回は、カセットコンロと鍋を使っておうちでお米を炊いてみる、「もしものとき」の実践編をお届けします。
いざというときに停電や断水をしていても、あたたかいごはんが食べられたら、きっと家族みんながほっとしますよね。普段使っている炊飯器が使えなくても、カセットコンロと水、お米があればごはんが炊けるので、もしもに備えて実際におうちで炊いてみてはいかがでしょうか。
それではさっそく、炊飯器なしでお米を炊く方法をお教えします。

まずはお鍋でごはんを炊いてみよう

カセットコンロとガス、水を用意すれば、停電してもごはんを炊くことができます。炊き方や使う道具に関しては、こだわると色々ありますが、まずは普段から使い慣れているお鍋を使って、気楽にトライしてみてください。

\さっそく手順をご紹介!/

1.お米2合(300g)と、水400mlを準備します。お米はいつものように洗ってザルに上げておいてもいいですが、災害時などは余裕がないのでそのままでもOK!

2.おいしく炊けるから土鍋を使う方もいると思いますが、あえて普通のステンレス鍋を使用。
普段はお米の上に水を入れて30分(冬場は1時間)を目安に浸水させてから炊いていますが、今回は災害時を想定し、浸水時間なしで炊いてみました。

 

3.鍋に蓋をして、ぶくぶくと沸騰するまで中火〜強火で炊きます。沸騰してきたら火を弱め、10分炊き、その後火を止めて10分蒸らします。

4.こんな感じで炊き上がりました。浸水時間なしで炊いたので、いつもより少し粒がしっかりしている感じがありましたが、おいしく炊けていました。浸水時間の有無、お水の量など、好みの炊き上がりを知っておけるといいと思います。

次は、ポリ袋でごはんを炊いてみよう次のページ
 
49 件

Misaの「手軽に始めるファミリー防災」

「Misaの「手軽に始めるファミリー防災」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード