ホテルライクなインテリアとテクノロジーを駆使した注文住宅で共働きをサポート【withLabルームツアーvol.11 仁衣さん】

SHARE

結婚や出産など、ライフイベントがあると見直したいのが住まいの在り方。連載「withLabルームツアー」では、メンバーのお宅事情やインテリアコーディネート術、おうち時間の過ごし方などをご紹介。今回は、新宿まで徒歩圏! 都心の注文住宅に住む、仁衣さんのお宅に伺いました。

仁衣さん(34歳・医師)

【おうちDATA】
□場所:東京都(持ち家・一戸建て)
□築年数:1年6ヵ月
□床面積(間取り):115㎡(4LDK+S)
□居住歴:2021年3月~
□家族構成:本人、夫、猫(1匹)

 

注文住宅という難題をクリアして夫婦の絆もアップ!

東京と三重の遠距離恋愛を経て、結婚された仁衣さん。婚約を機に、東京での生活を見据えて、家購入に動き出していたといいます。

「都内は住居費が高く、賃貸では資産にはならないので、早くから家を買うことを考えていました。戸建てかマンションか、結果、注文住宅に至ったのですが、週末だけ会う遠距離恋愛から、いきなり土地探しや建築に関する打ち合わせを含めた結婚準備、そして結婚生活のスタートだったので、正直、険悪になることもしばしば(笑)。でも乗り越えて、お互いの要望を形にできたので良かったです」

旦那さんの要望は「会社に歩いていけること」だったといい、立地とハウスメーカーの選定は旦那さん、間取りやインテリアに関しては仁衣さんが主導することに。

「3階建ての家は動線を意識して、リビング、ダイニング、キッチン、バスルームを2階にまとめました。ひと足先に家を建てていた姉や妹からアドバイスをもらったり、食洗機やお掃除ロボットのほか、人感センサーの自動水栓や浴槽、浴室床の自動洗浄、レンジフードの自動洗浄など、初期投資は惜しまず、家事をできるだけ軽減できるようにしています」

季節を感じる花が飾られたリビング。「ローテーブルは圧迫感のないガラス板の『Abita style』をはじめ、部屋が広く見えるような家具を選んでいます。ファブリックの張り替えが可能な『HUKLA』のソファもお気に入り」。リビングルームの壁の一角は、ルームツアーでもたびたび登場している『LIXIL』のエコカラットを採用。除湿、消臭効果を期待して取り入れたというが、リビングがグッとおしゃれになると仁衣さんも大満足。

『綾野製作所』のダイニングテーブルに合わせたチェアは、ソファと同じ、『HUKLA』のもの。リビングのソファとファブリックを揃えて、統一感を演出。窓にはUVフィルムを貼って、紫外線対策もバッチリです。「代官山の『ニーディック』で購入したカーテンは、フォーシーズンズホテルでも採用されていると聞いて、即決しちゃいました(笑)」。ホテルライクなインテリアに一役買ってくれています。

ダイニングからほどよく隠れるように配置されたキッチンは、夫婦2人で立っても余裕のある広さ。「キッチンも白とグレーを基調にしています。最近、料理が上達した夫は、直火が良かったらしいのですが、掃除しやすいIHに。レンジフードの自動洗浄もおすすめです」

妹さんから結婚祝いに送られた『バルミューダ』のトースター、オーブンレンジ、ケトルは白をオーダー。吊り戸棚と引き出しで収納も十分。右の扉はパントリーになっている。

バスルームの自動洗浄や人感センサーの水栓で、エコ&快適に!次のページ
 
30 件

皆のおうち、見せて!withLabルームツアー

「皆のおうち、見せて!withLabルームツアー」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード