青い空と美しい夜景。眺望の良さが癒しにもパワーにもなるタワマンLIFE【withLabルームツアーvol.6 池上桃音さん】

SHARE

結婚や出産など、ライフイベントがあると見直したいのが住まいの在り方。連載「withLabルームツアー」では、メンバーのお宅事情やインテリアコーディネート術、おうち時間の過ごし方などをご紹介。今回は、誰もが一度は憧れる、タワマン生活3年目の池上さんのお宅に伺いました。

池上桃音さん(27歳・会社員)

【おうちDATA】
□場所:東京都(賃貸・マンション)
□築年数:10年
□床面積(間取り):60㎡(1LDK)
□居住歴:2020年4月~
□家族構成:本人、夫、モモンガ、うさぎ

 

1日の疲れを癒してくれる高層階からの眺望

銀座の街を眼下に見下ろすタワーマンションに住んで3年目という池上さん。結婚するにあたり、夫が住むエリアの候補をいくつか挙げた中のひとつが〝勝どき〟だったといいます。

「私は初めて住む土地だったのですが、大きな窓や会社までのアクセスの良さなど、気に入っています。引っ越したのがちょうどコロナ禍で外出を控えなくてはならなかった時期だったので、窓から見渡せるこの景色は、いい癒しになりました」

眺望やアクセスの良さに加え、セキュリティー、マンションならではのサービスの充実など、実際に住んでみて、「賃貸で住むタワーマンションはライフスタイルに応じて住み替えができるのがいいですよね」と池上さん。窓から覗く、広い空と活気のある街並み。癒しとパワー、どちらももらえるのが、やはり都心のタワーマンションの魅力です。

眺望のよさを満喫できる、大きな窓が並ぶLDK。ムーディな夜景とはまた違った趣きの夕焼けも美しい。空を近く感じられるのも高層階ならでは。

「窓が大きいのは嬉しい反面、家具の配置に工夫が必要なんです」と池上さん。海外のサイトでみつけたオットマンを7つ並べてソファにアレンジ。

リビングにはテレビを置かないかわりに、「BenQ」の4Kプロジェクターで映画やドラマを鑑賞。「友人が遊びにきたときには、ゲームのモニターにも早変わりします」

池上さん宅で目を引くのが『PHILIPS」のモニター。「夫がトレーダーという仕事柄、モニターをいくつも設置しているので、必ず目につきすし、場所をかなり取られてしまいますね」

ウッドタイルを敷いたベランダは、旦那さんの趣味でもあるキックボクシングの練習スペース。「ベランダにはスーツケースを置いたりも。最近は荷物が増えてしまい、収納しきれないのが目下の悩み。冬物などは親が所有する倉庫に置かせてもらっています」

賃貸でも楽しめる壁紙DIYで自分らしく次のページ
 
24 件

皆のおうち、見せて!withLabルームツアー

「皆のおうち、見せて!withLabルームツアー」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード