新制度「産後パパ育休」って何⁉ 10月1日から男性の育児休業が取得しやすく!〈厚生労働省・吉崎さんインタビュー前編〉【理想の共働き研究所】

SHARE

2022年10月1日から男性の育児休業が取得しやすく!

2022年10月1日から、男性の育児休業が今まで以上に取得しやすくなります。

2021年に育児・介護休業法が改正され、2022年10月1日から、「産後パパ育休(出生時育児休業)」という新しい制度がスタートし、さらに「育児休業の分割取得」も可能になります

女性が結婚・出産を経て長く仕事を続けるためには、男性の育児・家事参加は不可欠ですね。男性の育休の現状を詳しくリサーチするべく、厚生労働省の吉崎広明さん(厚生労働省雇用環境・均等局職業生活両立課)に共働きwith編集長・岡本がお話をうかがいました。

前編では、新制度「産後パパ育休(出生時育児休業)」と「育児休業の分割取得」について、後編では厚生労働省の取り組み「くるみん・プラチナくるみん」認定と「イクメンプロジェクト」についてお聞きします。

 

新制度「産後パパ育休」と「育児休業の分割取得」で、男性は合計4回の育休取得が可能に!

岡本 今、結婚や出産を経ても長く働きたいと考えている女性がとても増えています。そのためには、男性の育休取得ってとても大事だと思うんです。10月1日からスタートする新制度「産後パパ育休」と「育児休業の分割取得」によって、男性は今まで以上に育児休業が取りやすくなるそうですね? これはどんな制度なんでしょうか?

吉崎 まず、「産後パパ育休」は新設された制度で、男性版産休とも言われています。出生後8週間以内に4週間までの休暇を取得できます。初めにまとめて申し出れば、分割して2回取得することも可能です。さらに「産後パパ育休」とは別に通常の育児休業も取得できます。今回、この育児休業制度も改正されました。

岡本 それが「育児休業の分割取得」ですね?

吉崎 はい。育児休業は子どもが1歳の誕生日を迎えるまで取れますが、今までは分割不可でした。ですが「育児休業の分割取得」では、分割して2回まで取得することができます。つまり、産後パパ育休」と育児休業、併せて4回取得することが可能になるわけです。

岡本 これはかなり便利になりますね。私も出産を経験していますが、女性は出産直後はもちろん、仕事に復帰するときもすごく大変だと思うんです。そういうときに、この新しい制度を使って、男性にサポートしてもらえるといいですね。

吉崎 おっしゃる通りです。ご夫婦によって、上のお子さんがいらっしゃったり、仕事の繁忙期が違ったりなど、状況がさまざまだと思います。ご夫婦交代で休業を取得するなど、働き方の選択肢も広がるでしょうし、いわゆる女性のワンオペも避けられるのではないかと。

出典:「育児・介護休業法改正ポイントのご案内」/厚生労働省 都道府県労働局雇用環境・均等部(室)

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000789715.pdf
育休を取りたいのに取れていない男性の割合は?次のページ
 
42 件

編集長が徹底リサーチ! 理想の“共働き”研究所

「編集長が徹底リサーチ! 理想の“共働き”研究所」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード