戸建てorマンション、暮らしやすいのはどっち?【主婦業9割削減宣言】55

SHARE

こんにちは、『主婦業9割削減宣言』唐仁原けいこです。

小さな頃から間取り図を眺めることが好きだった私。好きが高じて不動産屋で賃貸営業経験もあります(笑)。 だから人一倍、自分の家探しのこだわりは強いです。

そんな私が結婚してから住んだ家は7軒。戸建てにマンション、「よくこんな物件見つけたね〜」と言われた家もありました。子育てが始まり、主婦業削減の取り組みを始めてからは、物件の見方も変わりました。
主婦業は家がベースとなるから、「どんな家を選ぶか」がかなり重要! そこで今回は、特にみんなが悩む、戸建てに住むか、マンションを選ぶか、私の経験から比較してみようと思います。

子どもを産んでから住んだ、戸建て2軒とマンション2軒を比較

 

子どもが産まれてから住んだ家はマンションが2軒、戸建てが2軒です。

はじめは、東京世田谷区の分譲マンション、1SLDKで広さは約60平米。リノベ済みの物件をさらに自分たちで色々とアレンジして住んでいました。途中で子どもが2人になりました。

次に、千葉の3階建ての戸建てを賃貸。3LDKで広さは約130平米。ここで3人目が生まれました。
上の写真がこの家なんですが、写真の手前にも庭が広がっていて、大きなテーブルと椅子を置いてもまだ子どもが遊ぶスペースが余るほどでした。

そのあと引っ越したのが、同じ千葉県内の分譲マンション、3LDKで広さは約100平米。家を探す時点で、子どもがもう3人いましたし、主婦業を削減したいと思い始めた頃だったので、家の造り、つまり家事動線をかなり意識して探しました。そして見つけたのが、3人の子育て中の家庭がこだわってリノベーションした一室。とにかく子育て時期に適した動線で住みやすかったです。例えば、キッチンが回遊できることや、お風呂場と洗面所がリビングの近くにあることで、子どものお世話がしやすかったです。リビングの隣に和室があるのも、ちょっとお昼寝をさせる時などに便利でした。また、収納が多いのも良かったです。

主婦業削減目線で選んだ、千葉のリノベ済マンション。この連載でも何度も登場した家です

そして今住んでいるのが、長野県の2階建ての戸建て賃貸。3LDK で広さは約90平米
庭は千葉で住んでいた戸建ほど広くはありませんが、テントを張ってキャンプごっこができるくらいはあります。車が必須の土地柄か、駐車場が広く、車3台分あり、キャンピングカーも家の真横に駐車しています。

まずはマンション暮らしを考察次のページ
 
36 件

「主婦業9割削減宣言」

「「主婦業9割削減宣言」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード