withonlineロゴ
35歳からの大人婚活 幸せを掴む女のルール

35歳以上の大人婚活で失敗したくないなら、キラキラを求めない!

人間関係

SHARE

結婚のスタイルが多様化する今、人と比べたり、固定観念に縛られたりする必要なんてナシ! 数々の晩婚カップルや恋愛の形を取材して来たライターが教える、35歳からの大人婚活で自分らしい幸せな結婚を掴むための、必勝ルールズ。快適な共働き夫婦になるためのTIPSが満載。
 

幸せになりたいなら、一発逆転婚は目指さない!

「セックス・アンド・ザ・シティ」映画版で、ヒロインのキャリーが夫のビッグに、「結婚生活はキラキラしてなきゃ嫌なの!」と脱マンネリを訴えるシーンがあります。だけど結婚生活に必要なのは、刺激ではなくて安定感。毎日同じことを繰り返しても飽きない安定感がなければ、夫婦なんて長続きしないものです。

だからアラフォー婚活で、「ここまで待ったんだから誰より素敵な結婚がしたい!」と一発逆転のキラキラ結婚生活を狙おうとする人、ちょっと待って〜〜! その浮ついた気持ちが、悪い男に引っかかる原因になるから! ちなみにそのときキャリーに共感していた私は、見事バツイチになりましたよ。なぜかと言えば、安定より面白さという刺激を求めていたからだと思います。
特に、肩書きや収入、身長や学歴など、一見華やかな要素に惹かれて相手を選ぶのは危険です。マッチングアプリで既婚者の男性に騙された女性たちに話を聞くと、大抵、相手は大企業勤めだったり高収入だったりする。だけど彼らが華やかなスペックを殊更にひけらかすのは、自分の経歴が婚活女性を釣るための餌になることをわかっているから。少しでも好条件の男性と結婚したいと焦るアラフォー婚活女性は、彼らのいいカモになりがち。ニュースで見かけるマッチングアプリの結婚詐欺も、被害者はみんなそんな女性たち。だから「大企業に勤めているから人柄も安心だろう」と安易に信用してしまうのは、とっても危険なんです。
アラフォー婚活においては、プロフィールがやたらと派手なのは何かを隠そうとしている証し。それくらいに思っていた方がいいです。実際、私が今まで取材したアプリで百人斬りを目指している弁護士男性も、プロフィールで職業や自分の容姿などをかなり盛ってアピールしていました。

それと、デート内容の充実度やエスコートのスマートさ、話の面白さなどの「キラキラ」を求めすぎるのも気をつけて。そういうのが上手にできる男性は、デートしている分には楽しいし大事にされているように感じるかもしれませんが、単に女性慣れしていたり、上っ面がいいだけだったりすることも多い。それこそ実は既婚者だから余裕があるように振る舞えるだけのこともある。モラハラ夫は交際当初は男らしくリードしてくれて素敵に見えた、なんていう話もよく聞きます。だから、あまりにも華やかなデートを演出してくれる男性には、少し注意が必要です。
次のページ>>じゃあ一体どんな男性を選べばいいのよ
 
20 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS