お宮参り、七五三、初詣で意外と困る! 神社ソムリエに聞いた神社のお作法【イヴルルド遙華×佐々木優太】

SHARE

共働きwith『ハッピー暦占い』でもお馴染みのフォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華さんと神社ソムリエ・佐々木優太さんが強力タッグ! イヴルルドさんも興味があるという神社にまつわるお話を4回にわたって佐々木さんにレクチャーしていただきます。

【イヴルルド遙華】テレビや雑誌、ファッション・ビューティ問わず、人気ブランドとのコラボで常に話題のフォーチュンアドバイザー。西洋占星術、タロットをはじめ、人生の流れを24の節目で区切る「フォーチュンサイクル」など、幅広い占いを独学で研究。著書に「運命のフォーチュンタロット:毎日の運勢、自分で占う!」(小学館刊)、「風の時代に幸せをつかむ! “フォーチュンサイクル占い”」(主婦の友社刊) などがある。

【佐々木優太】神社巡拝家・ラジオパーソナリティー。昭和59年(1984年)7月7日生まれ。兵庫県出身。26歳のとき、夜中に突然、「今から伊勢神宮に行かなければ」との思いに駆られ、参拝。以来、全国各地の神社を巡る日々が始まり、これまで参拝した神社の数は1万社以上。神社の歴史や文化への造形も深く、講演活動のほか、YouTubeで動画配信なども行う。

 

参拝には自分の気持ちが反映される

第1回と第2回では、神社ソムリエの佐々木さんにおすすめの神社をご紹介していただきました。最大限のご利益をあやかるためにも、知っておきたいのが神社でのお作法。日本人なら何度となく行っている神社だからこそ、何となく知っているつもりになっていませんか? 子どもを持てば、お宮参りや七五三、合格祈願など、参拝する機会も増えます。正しいお作法を身に着ける機会に是非してください。
※その地方や神社によって作法が異なる場合があります

\基本の「略式参拝」を動画でもチェック/

まずは、鳥居で一礼

鳥居は神域との境目です。お邪魔する気持ちで、まずは一礼してから進みましょう。

柄杓は一杯で済ます

※撮影時は感染対策のため柄杓は撤去されていました。柄杓があった場合の参考にしてください。

手水舎で手と口を洗い、身と心を清めます。右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んだら左手にかけて清めます。柄杓を左手に持ち替え、同じように右手にもかけて清めます。右手に柄杓を持ち替えたら左手の手のひらに水を受け、その水を口にふくんですすぎます。もう一度水を左手にかけたら最後に柄杓を立て、次の人のために柄を清めます。全てを終えたら柄杓を戻します。

「柄杓は一杯で済ませるのが基本です。手を拭くハンカチや手ぬぐいは白がおすすめ。色がダメということではなく、汚れのない白がいいのではというご提案です。コロナ禍の今は手水舎を使用していない神社も多いですが、清める心持ちを忘れずにいてください」(佐々木さん)

境内で正中をまたぐときにも一礼を

参道の真ん中を「正中」といい、神様が通る道だとされています。正中は避けて、道の端を進みましょう。

「正中をまたがなくてはいけないときは、一礼してから。向きをかえるときなども、神様にお尻を向けないようにすると尚良いですね」(佐々木さん)

略式参拝の基本は?次のページ
 
58 件

レジャー・カルチャートピックス

「レジャー・カルチャートピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード