年末年始で食べすぎたときにおすすめ!おのののか特製デトックススープの作り方

SHARE

2020年に競泳選手の競泳選手の塩浦慎理さんと結婚し、挙式に向けて行った本気のダイエットで約6.5kgも体重を落とすことができたおのののかさん。
おのさんがダイエット中によく食べていたのが、栄養満点でおいしくて、デトックスまでできるスープ。
今回は、そのスープの作り方を教えてもらいます。
運動不足になりがちなうえ、いつもよりハイカロリーな食事を取ることが多い年末年始の体重コントロールにぴったりです!

作り方を動画でCHECK

withチャンネルでは、デトックススープの作り方を動画でわかりやすく解説。詳しく知りたい人は、こちらも確認して。

体重が戻り、むくみが解消するデトックススープ

こんにちは、おのののかです。
今回は、私がダイエットをしていたときによく食べていたデトックススープの作り方をお教えしますね。
外食が続いたときや、食べすぎちゃったなって日の翌日にこのスープと玄米を食べると、体重が元に戻るし、顔のむくみがすっきり。
デトックスできるスープなので、とてもおすすめです。

用意するのは好きな野菜や豆、魚介類

まずは材料をご紹介します。
好きな野菜などを入れれば大丈夫なのですが、私が入れているものをお教えしますね。

【材料】
●トマト缶 2缶
●水 500cc
●キャベツ 1/2個
●玉ねぎ 1玉
●にんじん 1本
●しめじ 1パック
●舞茸 1パック
●ミックスビーンズ 1缶
●タコ 適量
●アサリ 適量
●茅乃舎の野菜だし 2パック
●塩こしょう 適量

こんな感じです。
量を記載していますが、この分量を守らなければいけないというわけではありません。好きな材料を入れてお好きにアレンジしてもらって大丈夫ですし、冷蔵庫の中の余りものだとか、腐りかけているお野菜だとかも入れちゃってもいいです。
トマトはお値段が高いのでトマト缶を使います。冷蔵庫にもうすぐダメになっちゃいそうなトマトがあれば、もちろんそれを使ってもOK。

ダイエット中でも動物性のタンパク質を取ることが大事なので、魚介類を入れています。ササミ肉でもいいのですが、ダイエット中は体内で消化吸収されるスピードが早い魚介類を選ぶほうがいいと思います。

特におすすめはタコ。歯ごたえがあるしお腹にもたまりやすいので、食べ応えがあるスープになるんです。
ただ、消化吸収率はよいですが、消化には時間がかかるため食べすぎず、ゆっくりよく噛んで食べるのがポイントです。

  超簡単デトックススープの作り方次のページ
30 件

おのののかの“なりたい自分“の作り方

「おのののかの“なりたい自分“の作り方」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード