誤情報に振り回されて家庭崩壊…そうならないために知っておくべき事実とは【第189回】

SHARE

こんにちは。人生や人間関係を上手くいかせたい共働き女性に向けて本質思考をアドバイスする、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。

そういえば以前、とある学生向けキャリアコミュニティの主催者である男性がツイートした内容がバズり、まとめサイトなど色んなメディアで取り上げられていました。

その内容とは、就活せずにフリーランスの道を選んだけれど、結局それだけで食べていくことができず、アルバイトをしながら食いつないでいる若者が何人もいるということ。

その裏には、「就活するなんてダサい」「サラリーマンなんてダサい」と吹き込んだ大人がいるという内容でした。

無責任な大人の発言にそそのかされ、道を誤った若者たち

この主催者さんは、そんな若者の相談を立て続けに受けたらしく、みんな口を揃えるように、「就活しとけば良かった」と後悔しているのだとか。

彼のツイートに対し、「選んだのは自分だから自業自得でしょ」という反応を示している人が多かったのですが、たしかにそれは正論だと思います。

ただ、まだ社会経験がない若者に、責任が取れないことを吹き込んだ大人が悪くないのかと言うと、どう考えても悪いですよね。

主催者である男性も、「鵜呑みにした若者に問題が無いとは言わないが、変なことを吹き込んではいけないと思う」と言っていて、まさしくその通りだなと僕も思いました。

 

若さゆえの選択ミスが許されるのは、「独り身」だから

僕個人としては、どうしてもそそのかされてしまった若者に同情してしまうのですが、その理由としては、彼らがまだ若かったからというのが大きいです。

ツイート内では明言されていませんでしたが、就活せずフリーランスになってしまった若者たちは、おそらく男性ではないかと推測します。

なぜなら多くの男性にとって、「ダサいかダサくないか」の基準って結構重要なんですよ。

世間や物事のを知らない人ほど、権威や知名度に気を取られてしまう次のページ
 
43 件

藤本シゲユキ「一発逆転人間学」

「藤本シゲユキ「一発逆転人間学」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード