友人が誤った道に進んでいる時に「意識してほしいこと」と「かけてあげたい言葉」【藤本シゲユキの一発逆転恋愛学 第119回】

SHARE

とある旧友とのLINEのやりとり

「稼げる仕事」は嘘であることが多い

こんにちは。人生や恋愛を上手くいかせたい女性のために本質思考をアドバイスする、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。

そういえばこの間、関西に住んでいる友人から久しぶりにLINEが来たんですよ。

「副業の件で相談したいことがある」と。

この友人は、僕が会社員勤めをしていたときの同僚で、年齢は一回り年下の男性です。今もまだこの会社で頑張っているようなのですが、早く副業で稼げるようになって、今の仕事を辞めたいらしんですね。

どんな副業を考えているのか聞いたところ、「○○って会社、知ってる?」と返ってきたんですよ。この社名を見た瞬間、「うわあ。そっちの方かよ」と思ってしまいました。

なぜならこの社名というのは、何十年も前からずっと存在している、めちゃめちゃ有名なネットワークビジネスの会社だったからです。ちなみに、ネットワークビジネスという呼び名にあまりピンと来ないという人は、「ねずみ講」や「マルチ商法」という名前の方がしっくりくるかもしれませんね。

このビジネスに本気で携わってる人からすると、「うちの仕事はねずみ講やマルチとは違う! 一緒にするな!」と絶対に言われると思うのですが、仕組みをよく知っている人からすると大して変わりありません。違法か合法かの違いだけで、連鎖販売取引という点ではどれも同じなのだから。

話を僕の友人に戻しますと、彼はどうやら、会社の先輩に誘われてこのネットワークビジネスをやろうか迷っているんだとか。

「この仕事についてどう思う?」と聞かれたのですが、迷っている割にはかなり乗り気な印象を受けたので、きっぱりと「絶対やめとけ」とは言いにくいなと思ったんですね。

人って、乗り気になっているときに全否定されると、否定されたものにしがみつく傾向があるので、それだけは避けたいなと思ったからです。

だから、「はっきり言ってしまうと儲からんし、下手したら友達なくすで」と事実だけを言っておきました。

この返信に対し彼は、次のように返してきたんです。

「先輩はすでにバリバリこの仕事で稼いでるみたいやねんけどなあ」

ネットワークビジネスの仕組みに騙されるポイントの一つがこれなんですよね。それは、紹介してくれた人がすでに稼いでる、もしくは稼いでいるように見えるから、自分も頑張れば同じようになれるんじゃないか?という期待なんです。

つまり、友人の言う会社の先輩がバリバリ稼いでいるというのは、嘘である可能性が高すぎるんですよ。

ネットワークビジネスの成功率は低い次のページ
 
39 件

藤本シゲユキ「一発逆転人間学」

「藤本シゲユキ「一発逆転人間学」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード