『恋愛依存は、自己肯定感の低さが原因なんやで?』藤本シゲユキの一発逆転恋愛学【第42回】

SHARE

「執着恋愛」をしていませんか?

自己肯定感も自尊心も低いと、いい恋愛はできない

こんにちは、悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。

第40回から「自己肯定感」と「自尊心」が恋愛においていかに重要かについてお話を続けてきました。

そこで今回は「自己肯定感が低く、自尊心も元々低い女性」がいかに恋愛で失敗しやすいかについて解説します。「私、当てはまるかも……」と思われた方は、この先いい恋愛ができないかもしれないので、しっかり読んで改善していきましょう。

まず「自己肯定感が低く、自尊心も元々低い女性」は、少しでも「執着恋愛」をすると、恋愛依存状態に陥りやすい傾向にあります。依存度が高まるほど、一つの恋が終わった時にボロボロになりやすくなります。

ちなみに「執着恋愛」とは、自分に対する「承認」を求めて相手を追う恋愛のことです。「好きだから」相手を追いかけるのではなく、「受け入れてほしいから」「気持ちをわかってほしいから」という目的で恋愛をしてしまいます。恋愛の目的を誤っている状態です。

執着恋愛に陥るメカニズム次のページ
 
44 件

藤本シゲユキ「一発逆転人間学」

「藤本シゲユキ「一発逆転人間学」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード