ryuchell「二人の子供なんだから子育ての大変さはシェアしないといけない」ワンオペ育児に悩んでいるママへ

SHARE

with onlineの皆さん、こんにちは、ryuchellです!
イクメンという言葉が生まれて久しいですが、まだまだ育児は妻任せ、という男性って多いと思います。そんなとき、一人で頑張ってしまう女性は多いと思いますが、それはダメ。 大変だとは思いますけど、「二人の子供なんだから」と声を上げていきましょう!

vol.63 ワンオペ育児で限界寸前になっている女性へ

<今回のお悩みテーマ>
育休中なのですが、旦那は仕事が忙しくて育児に対して消極的です。「いつもごめんね」など私を労わってくれる言葉やせめて休みの日にやれることをやってくれるならいいのですが、そんなことはなく……。むしろ自分は仕事が忙しいからできないのが当たり前と思っている様子で、休日もこっちが何かお願いしないと動いてくれません。私はワンオペ育児で限界寸前なのですが、こんな旦那を変えることはできますか?

 

「自発的に動いてほしい」のは痛いほど分かる! まずはどんどん“お願い”を増やして

子育てに関しては、やはり旦那さんにどんどんお願いして父親としての自覚を持たせていく、というのがすごく大事なんじゃないかなと感じています。子供を旦那さん一人だけで見てもらうとか、大変なことをしっかりシェアしていくべき。男性って子育てがどれだけ大変かさえ分かっていないことが多いので、まずはそれを分からせる、ということが大事だと思うんです。そのためには「お願いをする」ということを増やしていくしかないかなと思うんですよね。

こっちがお願いしなくても自発的に動いてほしい、という気持ちは痛いほど分かります。だって二人の子供ですもんね。この方は「休日もこっちが何かお願いしないと動いてくれません」と書かれていますけど、これって“お願いしたら動いてはくれている”ということでもありますよね。だからまだ救いがあります(笑)。頑張ってたくさんお願いをしてしっかり頼っていけば、だんだんと自発的に動いてくれるようになるのかな、と。世の中、お願いしても動かない男性もいっぱいいますから。言ってもやらない男性、言ったらやってくれる男性。変えるための労力はその差でだいぶ変わってきます。

子育ての大変さはシェアしないといけない次のページ
 
30 件

ryuchell「心のガス抜きしとく?」

「ryuchell「心のガス抜きしとく?」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード