子育てが落ち着いた頃、バリバリから離脱するワーママ

SHARE

4年ほど前のお話。コロナなんて欠片もなかったころ。
当時、私は上の子達が保育園2歳4歳クラス。乳児育児からは脱していました。

夫が子供達をみていてくれるということで、久しぶりに会社の同期数人と飲み。

飲み会もスタートし、イイ感じに出来上がったころ、

「ぽにって、一番子育てが大変な時期過ぎたでしょ。辞め時がなくなったね」

と、とある男性同期に言われました。独身貴族を楽しむ彼。

私は、いや~小学生も大変だよ。
と言いましたが、いまいちピンときていません。

「小学生なんて、何とかなるでしょ。0-1歳は手を離せないだろうけど。」

まぁ、そうかもしれないね~
面倒なので、話をスルーしました。

子育てがもっとも大変な時期は0~1歳で、徐々にラクになっていくと思っているようです。
確かに、乳児の時期は目が離せず、産後の肥立ちや3時間ごとの授乳やミルク、夜泣きにおむつ替え…乳児育児はとても大変です。

もちろん、成長すると自分で出来ることも増えるため目が離せない時期は過ぎますが、また違うステージの悩みや乗り越えなくてはいけない壁が現れます。

一方で…

 

子育てをしていて思いますが、『いついつがラク』って、人によっても違います。

子育てに対する適正というか、ラクだと感じる時期は親の特徴によっても違います。
属している地域や付き合いによっても違うでしょうし、例えば中学受験を考えているご家庭では小学校高学年は忙しく、親も関わらなくてはいけませんが、公立を選択するご家庭はそこまで…となるでしょう。

こだわりたい時期はさまざま。

だから、ラクって一概には言えない

まぁ、この内容は、飲み会で子育てに全然興味がない同期に語ったとしてもしかたないか~って、お水の入ったコップを飲み干しました。

さて、そんな小さな私の世界で、先日、そうか~と思う出来事がありました。

その出来事とは?次のページ
 
60 件

ぽに「今日も寝落ちです!」

「ぽに「今日も寝落ちです!」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード