ママ友と上手に付き合う方法とは?ストレスを感じず、信頼できるママ友の作り方

SHARE

子どもが生まれると避けては通れないママ友。トラブルの話を耳にすることも多く、不安に思っている人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、ストレスを感じず、ママ友と上手に付き合う方法をご紹介します。

目次

ママ友とは

ママ友とは、子どもを通して知り合った母親同士の付き合いのこと。保育園や幼稚園、児童館、公園などで知り合うことが多いです。

同じくらいの歳の子どもを持つ知り合いができることは、情報交換や悩み相談をできるといったメリットがある一方で、その特殊な関係にストレスを感じてしまうことも。

また、母親の人間関係が子どもの人間関係にまで影響を与えてしまう可能性があるというのも、ママ友の特徴です。

ママ友との関係がストレスになる原因

ママ友は自分の友達ではなく、あくまでも「子どもの友達の親同士」という特殊な関係。それゆえに、その付き合いでストレスを感じる人も少なくありません。ママ友との関係では、どのようなことがストレスになってしまうのでしょうか?
 

家族の自慢話

ママ友とのおしゃべりは、情報交換にもなるのでとても貴重! でも、中には自慢話が多いママ友もいるので、聞いているとげんなりしてしまうことも。

子どもの自慢や夫の自慢、さらにはママ自身の自慢など、自慢話を聞く場面は意外と多いのです。

例えば、子どもの容姿や家庭の収入についての話題は、話している本人に自慢のつもりがなくても、聞いているとつい自分の家族と比べてしまい、それがストレスの原因に。

家庭環境の違い

家族構成や収入など、家庭環境はそれぞれ。しかしその違いが、ストレスに感じてしまうこともあります。

ママ会の予算が合わないなんていうのはよくある話。他にも、移動のときにタクシーを使うか、子どもの洋服にどれくらいお金をかけるかといったところの感覚が違うと、一緒にお出かけしていても気疲れしてしまいます。

また、子どもが小さいうちは家で集まることも多いのですが、住まいの規模があまりにも違うと、人間関係がもつれる原因になることも。

教育方針の違い

小学校にあがるまで保育園に行かせる人もいれば、私立の幼稚園に行かせる人もいます。また、習い事や小学校受験をするかどうかなど、家庭の教育方針はさまざま。

各家庭の方針を尊重できるママ友なら問題ありませんが、中には「絶対習い事をさせるべき」「受験はしたほうが良い」など、自分の考えを押し付けてくる人もいます。

正解がないからこそ、ママ友の話に影響されて「このままじゃダメなのかも……」なんて悩んでしまう人も少なくありません。

しつけの違い

子どもへのしつけも、家庭によってかなり差があります。子どもを厳しく叱る人もいれば、叱らない方針の人もいるでしょう。

自分の子どもにはやってはいけないと教えていることを、ママ友の子どもがやっていて困ったという話もよく聞きます。

子ども自身も「同じことをしているのになんで自分だけ叱られるんだろう?」と疑問に思うかもしれません。かといって他人の子どもを叱るというのも難しいので、モヤモヤしてしまうことが多いのです。

子どもの発達の違い

子どもは、月齢が同じでも発達には個人差があります。

でも、ママ友から悪気なく、子どもができるようになったことをアピールされることも。

歩けるようになった、おしゃべりができるようになった、つみきが積めるようになったといった話をママ友から聞くと、気にしないようにしようと思っていても、つい自分の子どもと比べて「うちの子はまだできない……」なんてストレスを感じてしまうのです。
まだまだある!ママ友がストレスになる原因とは......?次のページ
 
90 件

夫婦・人間関係トピックス

「夫婦・人間関係トピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード