女性の疲れには「ビール」が効く!? 疲労外来ドクターに聞いた「疲れない飲み物」3選

SHARE

仕事に、人付き合いに、家事、育児…常に時間に追われていて、「お休みしたい! けど休めない!」状態になっている女性は多いのではないでしょうか。

「風邪気味だけど、仕事しないと」「子どものために、ごはんを作らないと」そんなふうに、「休みたいな」とは思いながらも体を動かしてしまうと、ナチュラルキラー細胞などの免疫力が低下し、ウイルスに対する抵抗力が弱まるといわれています。

そんな忙しい女性たちのため、今回は『あさイチ』など数々のTV番組に出演する大人気疲労外来ドクター・工藤孝文さんの著書『疲れない大百科』から厳選した気力・体力がアップする習慣をご紹介します。

《こちらもチェック!》

 

《疲れない飲み物》

なぜか毎日疲れている人、体が重く感じる人、必見!
疲れがスッキリ取れてキレイになれる飲み物、教えます。

▼目次▼
・【飲み物①】午後3時以降は、水から “レモン水”に切り替える
【飲み物②】お酒を飲むなら、とりあえずビール! 二杯目もビール!

【飲み物③】むくみが消える魔法のお茶〝ハトムギ茶〟

【飲み物①】午後3時以降は、水から “レモン水”に切り替える

\① なぜ?/
鶏むね肉とクエン酸は最強コンビ!

鶏むね肉に含まれるイミダペプチドは、レモンなどに含まれるクエン酸と合わさると疲労回復効果がさらにアップすることがわかっています。そもそもクエン酸自体にも疲労回復作用があるので、ダブルで効果が期待できるのです。
疲れやすい人は、1日レモン2個分のクエン酸(2700mg)を摂るとよいでしょう。おすすめはレモンを絞るだけで作れるレモン水。毎日の鶏むね肉と合わせて飲むと効果がアップします。複数回に分けて飲ん
でもOKですよ。

\② なぜ?/
レモンに含まれるソラレンにご注意!

レモン水は、疲労回復効果のあるクエン酸のほか、美容効果の高いビタミンCも豊富に含むまさに美の点滴。
ですが、一つだけ注意点があります。レモンに含まれるソラレンという物質は、紫外線を受けるとメラニン色素を生成する働きがあり、光によってこの働きが活性化されてしまうのです。そのため朝からレモン水を飲むと、外出時に紫外線を浴びてシミができやすくなってしまいます。レモン水は、紫外線がぐっと少なくなる午後3時以降に飲むように心がけてくださいね。

〈すぐ疲れる人に贈る心の栄養ドリンク♪〉
冷蔵庫にはレモン水と水出し緑茶をストック!

  【飲み物②】お酒を飲むなら、とりあえずビール! 二杯目もビール!次のページ
30 件

心と体トピックス

「心と体トピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード