【実は使いこなせていない?】写真をきれいに撮るための「スマホカメラ」の使い方

SHARE

副業でのネットショップ開設やInstagramの写真のアップデート、使わなくなった私物の販売など、何かと写真を撮影する機会が増えている昨今。
スマホでさくっと撮影してみたけれど、なんだか写真がキマらない……。
そもそもどうやって撮ったらいいのかわからない……。

そんな方に、「初心者でもわかりやすい!」と話題の書籍『すみません 素人でも仕事の写真を上手に撮影する方法ってないですか? できればスマホで』から、商品撮影、WEB、SNSなどで使える“スマホ撮影術”をご紹介します!

すべてスマホで簡単に撮れる方法ばかりなので、今、自信がないという方も練習すればきっとうまくいくはず! ぜひ挑戦してみてください♡
※掲載している写真は電子書籍の切り抜きで、一部画像が荒れておりますが、ご了承ください。

▼こちらもチェック!▼

 

カメラの知識ゼロでも難しくない撮影テクってないですか?

覚えてしまえば、基本の撮影テクニックは簡単。習得するまではちょっとだけ頑張りましょう。ここで紹介するテクニックで、たいていの撮影はこなせるようになります。また、冊子やSNSなど写真の使用用途を決めて、どういう写真が必要かも整理しましょう。
※解説は「iPhone 13 Pro(iOS 15)」で実践していきますが、Androidでも同様の機能が搭載されている機種があります。

撮影場所と道具を準備

まずは、撮影場所の選定と道具類の準備をします。道具類は毎回必要になるので、専用の道具入れを作って保管しておくと便利です。

撮影場所を作ろう
窓辺の明るい場所にテーブルなどを設置。窓辺であっても暗い場合は、より多くの光が入る屋外(ベランダなど)を撮影場所とするのもよいでしょう。

 

\ベランダで撮影するのもアリ!/

あると便利! オススメ撮影アイテム

■ 白のマステ・ねりけし
マスキングテープは背景紙を貼ったり商品を固定したりします。色のない方が撮影時に邪魔になりにくいです。ねりけしは商品を固定したり、少し立たせたいときに便利。商品が軽い物なら壁に貼ることもできます。

■ レフ板
商品が影で暗くなるとき、レフ板で拡散させた光を当てて明るくします。自作レフ板が安価でおすすめ。自立するようにポリエチレンボード2枚(商品より大きめ)を白のマステで隙間なく貼り合わせるだけで作成できます。

■ 三脚
三脚はカメラを固定でき、両手が自由になるので「商品のセッティングに集中できる」「手ブレの心配がなくなる」「何枚も同じ構図で撮れる」といったメリットがたくさん! スマホ用アダプターを装着して使用します。

【三脚の主なセッティング】

イラスト/川合翔子

カメラアプリの設定を確認しよう次のページ
77 件

ライフスタイルトピックス

「ライフスタイルトピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード