withonlineロゴ
ライフスタイルトピックス

自宅で簡単!【ドライフラワーを最大限に楽しむ方法×irotoiro】

暮らし

SHARE

シャレた雰囲気作りができるインテリアとしても人気の高いドライフラワー。せっかくなら生花として飾ってから、自宅でキレイにドライフラワーにできたらもっと長く楽しめますよね。そこで、東京・中目黒にある〈irotoiro〉オーナーの三浦裕二さんに、生花⇒ドライフラワーまで最大限に楽しむためのコツと手順を教えていただきました。

【手順1】ドライフラワーにしやすい花を選ぶ

三浦さん曰く、「花自体の水分量が少なく、触った時に花の表面がドライなもの」がドライフラワーに向いているよう。水分が多いものだとドライフラワーにする過程で縮まってしまい、安定させるのが難しいのだそう。まずはドライフラワー向きの花の見分け方をご紹介します!

\ドライフラワー向き① 花が“八重咲き”のもの/

pattern_1
写真左のバラや、写真右のトルコキキョウなど、花びらが何重にも重なって咲く「八重咲き」タイプのものは、ドライフラワーにしたときも花びらの形状を保ちやすい。
 

\ドライフラワー向き② 花部分がすでにほぼドライなもの/

pattern_1
ドライフラワーとしてもお馴染みのセルリア(写真左)と、ルリタマアザミ(写真右)。共通しているのは、花部分が最初からほぼドライになっていること。元々の水分量が少なめなので、そのままキレイにドライフラワーにしやすく、初心者にもおすすめです。

【手順2】花がまだフレッシュなうちに吊るす

花器にたっぷり水を入れて生花として飾るのは、普段の半分くらいの日数に留めておくのがベター。朽ちるとキレイなドライフラワーに仕上がらないので、生花として楽しむのは途中まで。花がまだ元気なうちに吊るしてドライフラワー作りの工程に入ろう。
次のページ>>実際に花を吊るす準備をしよう
 
49 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS