withonlineロゴ
ライフスタイルトピックス

お店のようなかき氷が楽しめる!この夏、おすすめの家庭用かき氷器5選

SHARE

暑さが厳しい今年の夏。出番が増えそうなのが、家庭用のかき氷器です。最近は、かき氷器の多機能化が進み、スイッチひとつでスピーディに作れる電動式や、お店のようなフワフワ氷が楽しめるものなど、さまざまな商品がラインナップされています。

そこで、これまでに200製品以上の家電レビューをしてきた「mybest」の東春樹さんに、家庭用かき氷器を選ぶポイントと、小さい子どもいる共働き家庭のためにとくにおすすめしたい5製品を聞きました。

家庭用かき氷器を選ぶポイントとは?

最近のかき氷器は、専門店並みのフワフワ氷が作れるものが増えています。また、冷凍ジュースに加え、これまでは難しかった冷凍フルーツを削れるものも続々登場。氷にシロップをかけた昔ながらのかき氷はもちろん、マンゴージュースを凍らせて台湾式のマンゴーかき氷を作ったり、市販の冷凍フルーツにジャムを混ぜ込んで削ったりと、さまざまなバリエーションが楽しめます。

家庭用のかき氷器を選ぶにあたって頭に入れておきたいポイントは、以下の3点です。

1. 電動 or 手動?
2. 刃の角度調整はできる?
3. 家庭の「バラ氷」でも作れる?


ここ数年の主流は、ボタンひとつで簡単に作れる電動タイプ。昔ながらの手動タイプにも「子どもと一緒に作る過程を楽しめる」というメリットはありますが、子どもは途中で飽きてやめてしまうことが多いため、「結局大人が作る羽目になった」という声もよく耳にします。手動タイプは結構力が必要で疲れますし、削り切るのに時間がかかることも多いので、忙しい共働き家庭にはボタンひとつで作れる電動式がおすすめです。
 
かき氷の食感にこだわるなら、刃の角度調整機能が付いているかき氷器を選びましょう。刃をねじで回し、細かい方にセットするとフワフワに、粗い方にセットするとシャリシャリになります。最近はフワフワのかき氷が人気ですが、気温が高い時や運動の後など、シャリシャリの氷でガツンと冷やしたい、という時もあるのでは? その日の気分で、いろいろなタイプのかき氷を楽しめるのはうれしいですね。

かき氷器には通常、氷を作るための専用カップが付属していますが、友達が遊びにきたりお代わりしたりすると、氷が足りなくなってしまうことも! そんなとき、家庭の製氷機で作るキューブ型の氷「バラ氷」にも対応しているかき氷器は便利です。付属の専用カップに比べると、氷のふわふわ感は劣ってしまいますが、十分に美味しいかき氷が作れます。
  次のページ>>共働き家庭におすすめ!家庭用かき氷器はこちら
41 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS