withonlineロゴ
ライフスタイルトピックス

「性は自分を肯定できる一つのコンテンツ」知っておくべき性に関する4つのトレンドトピック

SHARE

性はカジュアルに #発信し合う ものへ

自分からセックスの話をしてもいい? 変化する性のトレンドについて、グラビアアイドル・タレントの渡辺万美(ばんび)さんとエロインフルエンサーのねこちゃんさんにお話を伺いました。

教えてくれたのは

渡辺万美(ばんび)さん/グラビアアイドル・タレント
グラビアアイドルとしてデビューし、写真集や映像作品を多数リリース。海外の「PLAYBOY」では表紙を飾り、現在ジェンダーフリーブランド“Bushy Park”、Only fansでも活躍の場を広げる。

エロインフルエンサー/ねこちゃんさん
「女の子がもっと性を楽しめる世の中に!」をモットーに、性に対するリアルな情報を発信。子どもの頃からAVやアダルトグッズに興味があり、性の悩みを共有する場として「下ネタ女子会」を企画。

性は自分を肯定できる一つのコンテンツ!

■渡辺さん(以下:渡) 私は「PLAYBOY」の表紙がきっかけで、海外のヌード=アートという文化に新鮮さを覚えたのですが、昔に比べて日本も性に対してオープンな風潮になってきましたよね。

■ねこちゃんさん(以下:ね)  そうですね。女性メディアでの性の取り上げ方が「彼のためのモテテク」から「セルフケアの一環」に変わりました。女性目線での発信が、信憑性と親近感ある情報として捉えられるようになったと思います。

■渡 確かに。女性用のアダルトグッズが百貨店で売られるようになったのも一つの進化ですよね。

■ね 私もグッズをよくプレゼントするのですが、前向きに話を聞いてくれる人が多いし、背中を押せば使ってくれる。性に対して興味を持つ人が増えたと実感しました。

■渡 その反面、情報の取捨選択も求められるようになりましたよね。若いうちから性に対する正しい知識を学ばせてくれるところがあればいいけど、教育機関に関しては課題が多い。

■ね 最近では一般の人がSNSを通して自分目線で性を発信できるようになったけれど、間違った情報が溢れているのも事実。一つのトピックに対して「私はこう思う!」という強い信念を持って、性に自分らしく向き合うことが大切です。
次のページ>>性に関する4つのトレンドトピック
 
28 件

SHARE

AUTHORS