with
親密な時を届ける
ヴィジュアルインタビュー誌へ

1981年に「Culture Magazine for Your Life」をテーマに創刊したwithは、41年の時を超え2022年12⽉より「親密な時を届けるヴィジュアルインタビュー誌」としてフルリニューアルします。

What's

人生を変えるきっかけになるインタビューを

インタビューとは「⽣きたケーススタディ」だと考えます。時に悩み、迷いながらも⾃分の⼈⽣を切り開いてきた⽅々の⾔葉は、それを読む方々にとって、きっと⼤きな助けになると信じています。

写真集レベルのヴィジュアルクオリティを

出演者はもちろん、気鋭のクリエイティヴスタッフ陣とともに、一冊の写真集を制作するかのようにヴィジュアルにこだわります。ずっと手元に置いておきたくなる一冊を目指します。

「応援したい」の気持ちに応える⼀冊を

「推し活」という⾔葉を⽿にするようになり随分経ちますが、ただただ、⾃分の愛する⼈を応援したいという気持ちに寄り添える⼀冊を作ります。そして、出演者にとっても「この誌⾯を飾りたい」と思ってもらえる世界観を実現します。

エンタメの今や、カルチャーの最前線を

エンターテインメントの作り⼿や、カルチャーの最前線にいる著者のコラムを通して、今がわかる「NEWS」や「NOW」に触れられるメディアを⽬指します。

1st ISSUE

12/15 RELEASE

1450yen

LINE UP

COVER
伊野尾慧&有岡大貴 (Hey! Say! JUMP)
INTERVIEW
柄本佑
大泉洋
神山智洋 (ジャニーズWEST)
SixTONES
竹野内豊
成田悠輔&小松美羽
濱岸ひより (日向坂46)
藤原丈一郎&大橋和也 (なにわ男子)
南沙良
モトーラ世理奈
吉高由里子
渡辺直美 (パワフル凱旋レポート)
Up Poompat
(50音順)
出演者は随時、本ページと公式SNSでお知らせします。

を予約する

リニューアルに寄せて

On the Renewal

with創刊号表紙

41年前のwithは「Culture Magazine for Your Life」をテーマに創刊され、誌⾯にはこんなことが書いてありました。

「あなたは、⼥です。(中略)いま、これまでのどの時代よりも、多くの扉が⼥性の前に開けています。どの扉を開けるかはあなたの⾃由です。ひとつと⾔わず、三つ開けても四つ開けてもいいのです。(後略)」。私たちはコロナ禍という⼈⽣初の体験を経て、かなり傷つきもしましたが、たくましくもなりました。

with創刊号誌面

結果、「今」を⽣きることの重要性や、⾃分の⼼地よさを優先することの⼤切さ、好きなものに触れる喜びを改めて知った気がします。

また、先が⾒えずあまりに移り変わりが早い、不確実性の⾼い時代において、最も重要なのは「唯⼀絶対の正解はない」ということを知っていることではないかと考えるようにもなりました。

これからの⼈⽣を歩むに際し、転ばぬ先の杖として必要なのは、多様な価値観を持ち、ありとあらゆることに対して可能性の扉を閉ざさないことなのではないかと。先の⾔葉にあるように、常に3つ、4つと扉は開け続けても良いのではないかと考えたのです。

そこで⾃問しました。⾃分が可能性の扉を開くときはどんな時だろう?多様な価値判断基準を⼿に⼊れる時はいつだろうと! そして、それは「⼈の話」を聞いたり、「⼈のインタビュー」を読んだりした時だと気づいたのです。

悲しい時も、苦しい時も、楽しい時も「⼈のインタビュー」は⼈⽣を変え、⼈⽣を彩る⼒があります。今後、withというメディアを通して、様々な経験をされた⽅の、様々な⼈⽣や活動の⼀部をインタビューとして発信していきます。

きっと、それは読者の皆様の⼈⽣をより明るく彩り、時に新たな⾃分軸をつかみ取れるお⼿伝いになると思っているからです。