written by with girls かなぱん
09.Jul.2020

【ICL】眼内コンタクトレンズの手術当日のお話

ICLで視力を手に入れるぞ大作戦

2020年5月29日にICL(Implantable Contact Lens)、角膜を削らない視力矯正をしてきました。この手術をうけるかどうか迷いましたが、受けて本当に良かったと思います。今回は手術当日のことを時系列でまとめようと思います!
手術どうしようかなと迷っている人の参考になれば嬉しいです。
なかなかネットでも詳細がなかったので書いていきます。

ざっくり時系列

2020年5月29日(土)16時にICL手術

15:45 病院到着
16:05 瞳孔を開く目薬を点す、紹介制度の説明
    (私も友達に紹介してもらいました!)

16:10 看護師さんと面談 
    この時3日前から使っていた目薬を捨てられて新しい目薬3種類をもらう
    何か聞いておきたいことはないですか?と常に患者さん目線で安心。
    この時にあとどれくらいで手術ですか?と死にませんか?と聞く。
    (死ぬわけがない、ちなみに調べたところ失明も今のところ0.)
    あとこんなに怖がってる人いないですよね。
    とも聞きましたが全て優しく返してくれた。
    この会話の合間にこれでもかってくらいの目薬をさしてもらう。
    なお手術まであと30分。

16:30 執刀医の先生とお話。医院長先生でした。目を機械で診てもらう。
    看護師さんが血圧も測ってくれる。先生からも何か聞いておきたいことはありませんか?
    と声をかけてもらえる。ビビりなので、ここでも怖いです。と言った。
    そしたら先生がそうだよね、怖いよね。でも痛さはそんなに感じませんよ。
    と励ましてくれた。そして手術の手順を説明してくれた。
    このとき、準備に時間がかかって、目自体を触っている時間は短いということ、
    明るいライトを見続けてもらうけど暗くなるタイミングがあることを知る。
    それから動きたくなったら声をかけてくれたら大丈夫とも言ってくれた。
   (硬直状態で臨む所存ですのごとく動かないように頑張った)
    あと先生にも死にませんか?って聞いた。(死にません!)
    あまりにもビビり倒している私に看護師さんはぎゅーって握れるボールを
    持ってきましょうか?と提案してくれる。これが本当に良かった。
    ボールめっちゃ握りつぶしてた。このボールの前は手を握っておきましょうか?って
    言ってくれたんだけど看護師さんの手を傷つけてしまいそうで断った。
    本当に優しい看護師さん。ありがとうございますでいっぱい。

いよいよ手術・・・

16:40 いざ、手術室へ。
    先生と看護師さんの2人と思ってたら、5人くらい手術室にいてびっくり。
   (これまで健康優良児で手術はおろか捻挫が一番大きな怪我の私は
    ドラマでしか見たことない景色、怖気づいてる姿みられるの恥ずかしかったなあ…。)
    歯医者さんのようなリクライニングシートに座って頭が若干さがる形で待機。
    先生が手術しやすいのがこの頭が少しさがった角度らしい。
    この時もしんどくないですか?や気持ち悪くないですか?と声をかけてくれた。
    優しい。先生のやりやすい角度でお願いしますって言ったけど
    無理や我慢はよくないからと少し上げてくれた。
   (ちなみに緊張していて、しんどいという感覚がなかったが、
    術後頭に血が上ったらしく軽い頭痛…笑)
    それから今からレンズや器具の準備をしていくから、まだ手術は始まりません。
    リラックスしていてください。と声をかけてくれた。
    始まる時もちゃんと言ってくれた。まず目の上下をテープでとめる。
    そこから器具を装着して目が閉じられないようになる。
    テープが若干痛いのに気づいてくれたのか、ここでも声をかけてくれた。
    テープ痛いですか。どのあたりが痛いですか。と聞いてくれた。
    目を開くことが終わったら上から黄色のまぶしいライトがあてられる。結構まぶしい。
    その次に赤い目薬をいれますって言ってくれる。
    だから視界が赤くなっても怖くなかった。目薬が終わったら、では、始めますね。と
    言われた。(右目から手術)
    おそらくレーザーかな。光の中にさらに眩しいものが入ってくる感覚。
    レンズ入れますね。も言ってくれた。このとき色んな光が見えた。
    虹色のホログラムを見ているようだった。痛みは感じない。
    触られているのは分かるけど、どうなっているのかまでは分からなかった。
    レンズの位置調整をしていきます。
    のときにホールICLだからか少し穴みたいなものが見えて気がした。
    そこから数分で右目が終わった。
    はい、終わりましたよ。じっとできていました、動いていなかったですよ。
    と言ってもらえる。安堵感でいっぱい。
    また器具の準備で少し休憩できる。この時間があってよかった。
    先生もリラックスしててくださいね。まだ始まりませんから。と声をかけてくれる。
    続いて左目。同じようにテープで固定されて目薬を入れますね。
    からちゃんと言ってもらえる。
    左目は右目と比べて暗くなるのが2回あったような気がしたのと虹色は見えなかった。
    あとはライトをみていてくださいって言われたんだけど、
    ライトが結構動いて一点を見るのが難しかった。
    だけど右目がこんな感じとわかったからか、右目よりあっという間だった。
    ボールはよく握りしめた。もらっておいて良かった。

手術終了!そして大成功!


17:10 無事、手術終了。終わった直後はぼやけるけど、見えてるーと若干感動した。
    目がしょぼしょぼするけど見えるという感じ。
    手術の際に座っていたシート(椅子)から立つとき少しふらっとしたけど
    看護師さんがゆっくりで大丈夫ですよ。と声をかけてくれて手を取ってくれる。
    ひたすら優しい。なんとかみなさんに会釈して、ありがとうございます。
    というのが精一杯だった。
    看護師さんに連れっていってもらい待機することろへ戻り、再度目薬の説明をうける。
    それから錠剤を飲んだ。痛み止めとカリウムだった気がする。
    利尿作用がありますよということと、
    もしかしたら手足しびれる感覚があるかもしれないと伝えられる。
   (21:50現在は全くない、またこの後もなかった)
    靴を履き替えるときも、座ってゆっくりはいてください。と言ってくれる。
    最初から最後までずっと私に寄り添ってくれた。すごく安心できた。
    ありがとうございます。
    このときに今が17:10なので18:10になったら受付に声をかけてください。
    眼圧の検査と先生とのお話があります。と案内してもらう。
    受付スペースへ帰還。母についてきてもらって良かった。
    とにかく上手くいったことを伝えた。この時、目は右目の違和感が強かった。
    涙はどちらからもつらーつらーっと流れていたが痛いわけではない。
    10分くらいたった後に頭が痛いなと感じはじめる。かなり緊張していたからだと思う。
    30分くらい休むと右目はそんなに違和感がなく、
    逆に左目が、ん?という感じになった。目のしぱしぱがかなりある。
    50分くらいにトイレ行こうと思って立った時、若干ふらついた。
    たぶんかなり疲れたんだと思う。

18:10 眼圧の検査異常なし。それから先生とお話。問題ないとのこと。
    良かったし本当に先生ありがとうございます!
    逆にどうですか?と聞かれたので若干頭がいたいですと伝えた。
    すると念のためお薬出しておきますね。と言われて
    ダイアモックスとアスパラKを寝る前と翌朝分もらう。
    今はかすんで見えないかと思いますが明日には良くなっていると思いますよ。
    と言ってもらえる。
    眼圧が上がっていたら頭が痛くなるらしいが16→16なのでとくに手術前と変化なし。
   (頭に血が上ってしまっただけだろうな…)

それ以降~

帰る頃にはふらつきもなく、ちゃんと歩けるまで元気が回復。0.7くらいは見えている気がする。
家についてほっとして眠くなった。
帰宅は19:30くらいかな。ただおなかは結構空いている。
13:00から絶食だったし…。目は3時間後くらいに涙が止まった。
見た目はいつもの半分くらいしか開いていない。
開ける気力はないし、ちょっと重たくて開かない。明日には開くだろうか。
(3日後には元通り!)
ほんのり全体が充血しているが目立たない。切った場所が痛むこともない。
ただ目を強く押した後みたいな感じはある。
レーシックをうけた友達が言っていたピンポン玉をぐりぐりされている感じもない。
22:10これを書き終えた。ただただ早く寝たい。

というのが手術当日の流れでした。
手術を受けた数時間後にノートに覚えていることを走り書きました。
なので、おおよそ正しい記憶です。
初めてカウンセリングで来院した時から手術を終えるまで、
またその後の検診もすごく親切で丁寧でみなさん優しくて、とても安心。
手術を担当してくださった院長先生、カウンセリングを担当してくださっている副院長先生、
事前検査の際、ICLだけでなくレーシックのことも教えてくださった方、
手術当日ずっとフォローしてくださった看護師さん、ありがとうございます!

このICLという手術を受けて本当に良かったです。
5月29日に受けて6月29日に1か月後検診に行きましたが
右目1.2・左目0.9見えているとのことです!
左目はもともと乱視なので若干右目より劣っていますが日常生活に支障は全くありません。
(このことも手術前にしっかり説明してくださっています)

私としては想像以上に毎日が快適です。
コンタクトでゴロゴロすることもないし、わざわざ眼鏡をかけなくても見える世界は
こんなにも素晴らしいのかって思ってます。

先生方、本当にありがとうございます。と感謝感謝です。
術後1日目~も日記をつけていたのでまた更新します。

ちなみに私は品川近視クリニック(梅田院)さんにお願いしました。

迷っている方はとりあえずカウンセリングを受けてみるといいかもしれません。
紹介もできますので、お気軽に^^
10 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ