written by with girls Moka
15.Jun.2020

京セラ美術館 オープン !

pattern_1
チョコレートと柑橘のパフェ(1200円)は上のチョコがビターで🍫、下のオレンジゼリーはほんのり甘く🍊全体的にとてもバランスのとれた甘すぎない大人の贅沢パフェでした。
休憩を終えて、最後に杉本博司の企画展に赴きましたが、この展示が私は1番好きでした。部屋が全体的に暗く、厳かな雰囲気。

作品に照らし出された光が作品の完成度をさらに高めているような。

高床式倉庫風の模型が1番心に残りました。生と死の終焉を表現した作品だそうですが、何より煌めく水晶のような階段が光に照らされ、とても綺麗でうっとりしました。どこか荘重で宗教的な体験をした気分。
pattern_1
庭に出ると杉本博司のガラスの茶室、聞鳥庵(モンドリアン)が見られます。

20世紀の抽象画家、モンドリアンと呼応して作られた作品だそうです。

2017年まで京都の将軍塚 青龍殿に展示されていた吉岡徳仁のガラスの茶室を彷彿とさせました。

吉岡徳仁の作品に比べ、杉本博司の茶室はどこのアングルからみても自然の延長線状に感じられる場所に設置されていたのが、印象的でした。
pattern_1
屋上にも上がって、お庭が眺められますよ。

比叡山と東山も見られます。
pattern_1
pattern_1
pattern_1
作品を見終わったらギフトショップに寄ることも忘れずに👉
pattern_1
こちらはイヤリング。色んなモダンな作家さんのグッズがこの他にもたくさん並んでいました。
pattern_1
ロゼットのイヤリングにバッジ。スパンコールが縫い付けてあって個性的!お値段は3000円前後。
pattern_1
こんなファニーなグラスで飲んだら楽しい気分になれますね。🥂
そしてギフトショップで人気だったのが、百人一首のおみくじ機、一回500円。

お金を投入すると不死鳥?のような鳥が一礼すると蔵に入り、おみくじを取ってきて差し出してくれるというからくり。
ちょっと笑えます。
pattern_1
pattern_1
pattern_1
筒を開けると、占いの紙がでてきます。 そこには清川あさみさんの絵が表面に印刷され、裏には最果タヒさんが考案した千年後の百人一首というポエムちっくな文が印字されています。

トートバッグをもらうには?

それでは冒頭でお話ししていた京セラ美術館特製トートをもらう方法についてです😊
お待たせしました 笑。
pattern_1
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ