with girls
written by girlsエディター Yuki
04.Jul.2018

メイクレッスンwith長井かおりさん♡

こんばんは!girlsエディターのYukiです。

先日講談社で行われた、「メイクレッスンwith長井かおり」イベントに出席させていただきました!

ルナソルのメイクアイテムに囲まれて♡女子力アップ

pattern_1
pattern_1
pattern_1
当日は各テーブルに長井かおりさんも多数愛用されているルナソルのコスメがずらり。今からこれを使って長井さんにメイクレクチャーしていただけるんだ!と思うと、それだけでわくわくが止まりません!

いよいよ長井かおりさんご登壇☆

pattern_1
そしていよいよ!長井かおりさんのご登場に会場の熱気は最高潮に。

「アプリコットメイク」が代名詞でもある長井さんらしい、アプリコットカラーの衣装がとてもお似合いでいらっしゃいました♡

そして終始この笑顔でお話は楽しくもわかりやすくためになるものばかり。すぐに話に引き込まれました☆

テクニックさえ身につければキレイはもっと引き出せる

pattern_1
pattern_1
当日はwith girlsをモデルに実際に目の前で毎回指導をしてくださった長井さん。

プロのメイクって実際自分でやろうとしても真似できないんじゃ…と思っていましたが、実際は本当にいつものメイクに一工夫!

例えば、メイクする前のスキンケア、皆さま如何されてますか?私も人のことを言える立場ではないんですが、特に平日の朝ってなんだかバタバタしてパパッと済ませてしまいがちですよね。

でも実はそこは抜かしてはいけないポイント!

メイクアップはスキンケアから始まっているんです!

というわけで、まずはスキンケア法からレクチャー。特に、化粧水の量が圧倒的に少ない、指先でパパッとつけて終わってしまうのがとてももったいないそう。

手のひらをお皿にするようにして、池になるくらいたっぷりと手に取り、両手のひら全体、指先まで使って内側から外側に向けて化粧水を浸透させていきます。

目指すは指で触った時に吸い付くような「ペトモチ肌」季節によっても多少の違いはありますが、基本はここまでファンデを使ってからメイクスタート。

さらに

「ファンデを重ね付けしていいのは美肌ゾーン(目の下から頰の高い位置を通ってこめかみまで)」

「化粧水は上を見ながら目の際まで」

「チークは頬骨に沿って入れるのではなく、小鼻の横に楕円形にオンする」

「アイシャドウのグラデーションは目を開けたり閉じたりして確認しながら」

「眉は余計なお手入れはしない。書き足すのは上ではなく下!」

などなど…すぐにでも実践できて印象が変わるテクニックをたくさん伝授していただきました!

敬遠していたアプリコットメイクへの苦手意識も払拭!

pattern_1
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ