with lab
written by withLabメンバー 佐川果歩

【肌荒れの要因シリーズ】⑤ストレス⑥ホルモン

こんにちは。
kaho(@skaho-cosme)です。

ご覧いただきありがとうございます。

  


【肌荒れの要因シリーズ】でございます!

今回は⑤ストレス⑥ホルモン

についてお話します。



【肌荒れの要因シリーズ】①乾燥②酸化


【肌荒れの要因シリーズ】③紫外線


【肌荒れの要因シリーズ】④加齢 



ストレスとは?

 かなり浸透されている言葉ですが、

どういったことをストレスとするのでしょうか?

 具体的な例をいくつかあげると

気温の変化

匂い

騒音

細菌・ウィルス

人間関係・経済的な悩み 

など、ありとあらゆることから無意識のうちにストレスを受けていることが分かります



ストレスによってどんな不調に繋がるの?

 ストレスがかかると交感神経が強く働きます。

そうなると自律神経が乱れる⇒体調不良⇒肌荒れに繋がってしまうんです。


  交感神経とは

目が覚めて活発に動ける状態のこと。体がシャキッとする。

 副交感神経とは

リラックスしているとき寝ているとき


ストレスにより交感神経が強く働きすぎると・・・

血流を悪くし、汗をかきやすくなる消化機能の働きが落ちる炎症を起こしやすい

こんな症状が出たりイライラしやすくなります。

こういった症状は自律神経が乱れていますよと体が教えてくれいるサインなので 副交感神経が働くようにゆっくり過ごす睡眠をとるなどと体を休めることで健康や美肌に繋がります!無理をしないようにしてくださいね。 

ホルモンとは?肌とどんな関係があるの?

 エストロゲンプロゲステロン 簡単に解説していきます

 エストロゲンとは?

コラーゲンやヒアルロン酸を作り出してくれるホルモンで美肌には欠かせません。

プロゲステロンとは?

皮脂を増やし、ニキビを出来やすくするホルモン。むくみなどの不調をもたらす。

 

どうやってコントロールするの?

残念ながらホルモンはコントロールできません!!!

ホルモンは生理周期が大きく関わってきます。

図を見るとわかりますよね。これが毎月です!

そりゃ不調もでますよね。

それどころか生理前と後ではお肌に限らず、

体の軽さまで変わりますよね。


自分のことをいたわる週間にしましょう

生理周期に合わせて、ホルモン量が変化しているのですが

エストロゲンとプロゲステロン

のバランスが崩れたところで不調がやってくるんです。


対策として・・・

規則正しい生活

睡眠をしっかりとる

体を冷やさない

栄養バランスの整った食事


など言われますが、毎日こんなこと守れないですよね。

もし守っていたら、人生楽しめません。

旅行、誕生日、記念日などの

楽しみがなくなってしまうことの方が不健康になりかねないです。

ホルモンは自分でコントロールするものではないので

イライラしてしまう自分や

ニキビが出来てしまうことも

許しちゃいましょう!

そんなことで人生終わりませんのでご心配なく。笑

肌荒れで自分が許せなくなってしまったら、いつでも相談にのりますのでお声がけください!!
 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ