with lab
written by withLabメンバー 佐川果歩

鉱物油フリーとは?化粧品に含まれる鉱物油のデメリットとは?

こんにちは。
kaho(@skaho-cosme)です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、鉱物油フリーのお話。

スキンケアアイテムのパッケージによく見かけませんか?

7つのフリーとか、乾燥肌や敏感肌さんに向けのスキンケアアイテムには本当によく表示されます。ですが、本当に意味を理解していますか?

以前の私は

「へえ~」

「お肌に悪そうなものは入ってないんだな」

「これが書いてあれば安心なんだ」

とかなんとなーくな気持ちで見ていました!笑

それから美容本を読み比べたり、ネットで調べたり、日本化粧品検定の勉強をしてきた私の結論は、乾燥肌の方は鉱物油フリーをおすすめします♡

 

この記事では、鉱物油の作用やデメリットについて詳しく解説していきます!

 

鉱物油ってなに?

鉱物油=ミネラルオイルです。

石油を原料として合成されたオイル。

代表的なものとしてベビーオイルやワセリンが挙げられます。

酸化することがないので長期保存に向いています。

お肌には浸透せず、肌表面に膜を作ってくれるエモリメント効果があります。

 

化粧品に含まれる鉱物油のメリット

・安い、家の近くで買いやすい

・刺激が少ない

・肌表面に膜を作り、水分を閉じ込めてくれる

 

ベビーオイルやワセリンなど鉱物油(ミネラルオイル)メインのアイテムは美容効果はない分、刺激もないので、赤ちゃんや肌荒れしたときにも使えるのです!また水分を閉じ込める作用が高いのでスキンケアに使うなら一番最後に使います(オイルで膜を作るとその後の美容成分はお肌に吸収されません)。またドラックストアやスーパーでも販売されており、どれもお手頃価格ですよね。

 

化粧品に含まれる鉱物油のデメリット

・お肌のバリア機能を低下させる可能性

・クレンジングでも落ちにくい

肌表面に膜を作ってくれると常に油分がかぶさっている状態になりますよね。その状態が続くと、お肌は油分が足りていると判断し、自分で皮脂を作る力が弱くなります。これでは乾燥が改善されません。皮脂が少なくなるとお肌の水分をキープできなくなってしまうので、乾燥肌・敏感肌の方にとっては悪影響になります。また肌に密着するので洗浄力が高いクレンジングでないとお肌に残り、毛穴つまりの原因に。洗浄力が高いクレンジングを使うことも乾燥が進む原因になるので、これも乾燥肌に鉱物油をおすすめしない理由です。

 

水分を閉じ込めてくれるけど保湿効果はない

似ている表現ですが


化粧水や乳液➡保湿
ベビーオイルやワセリン➡保護

肌の内部(角質層)に水分を補給することを保湿と言いますが、鉱物油がメインのアイテムは保護。鉱物油の作用はお肌に水分が補給されている状態をキープする、水分の蒸発を防ぐものです。

ベビーオイルやワセリンを塗るとべたつきを感じますよね。ですが、水分が補給されたわけではないので注意が必要です!もし長期的に続けている場合はベビーオイルやワセリンのようなミネラルオイルメインの化粧品を多様していることが乾燥肌の原因になっているかもしれません。使う際には気をつけましょう~♡

どうやって鉱物油フリーの化粧品を探せばいいの?

☆化粧品を購入する前にパッケージをしっかり見る

鉱物油フリーは化粧品を販売する側にとっても安心のイメージをつけるためにも、ぜひキアピールしたい言葉。比較的パッケージの裏に表記されているので買う前にチェック。

☆成分名で見分ける

商品の裏側に成分表を見てみてください!

【ミネラルオイル】

【ワセリン】

【パラフィン】

【流動パラフィン】

【セレシン】

【マイクロクリスタルンワックス】

【モンタンロウ】


これらの成分名が入っていると鉱物油が配合されているということになります。

まとめ

・鉱物油ってなに?

・鉱物油のメリット

・鉱物油のデメリット

・保湿×、保護◎

・鉱物油フリーの化粧品の見分け方

 

いかがでしたか?

身近な成分だからこそ、詳しく知らなかった方もいらっしゃったのではないでしょうか?

乾燥肌の方はぜひ、【鉱物油】フリーと表記のあるものを選んでいただきたいなと思います♡

 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ