with girls
written by girlsエディター 島崎レイコ
30.Mar.2018

【4/1発売】マットなティント!CANMAKE「リップティントマット」全色紹介!

こんばんは。京都在住のwith girlsエディター島崎レイコです。

この時期、春の新生活気分を後押ししてくれる春コスメの発売日ラッシュですね。
今回は、4/1発売のCANMAKE「リップティントマット」全3色を試してみました。

ティントなのにマットな質感!CANMAKE「リップティントマット」

pattern_1
CANMAKE「リップティントマット」全3色(650円+税)左から、No.01コーラル、No.02レッド、No.03ローズ。
しっかりとした発色で落ちにくい!と人気のリップティント。
CANMAKEからもこれまでに多くのカラーが発売されて人気アイテムとなっています。
今回4/1に発売されるのは、ティントのイメージががらっと変わる”マット”な仕上がりのリップティント。

ティントなのにマットってどんな感じなの?というところを実際に試してみました。

3種類の色味をチェック。

pattern_1
左から、No.01コーラル、No.02レッド、No.03ローズ。
色味は、No.01コーラル、No.02レッド、No.03ローズの3色展開。

塗ってすぐは、つやがあっていつものティントという感じですが....
pattern_1
ティッシュオフ後。しっとりしたマットな質感に変化しました。
左から、コーラル、レッド、ローズです。

塗った後、軽くティッシュでおさえると、先ほどのつやつや感が消えて、マットな仕上がりになりました。べたつきもありません。

マットリップ=乾燥しやすい、というイメージもありますが、この「リップティントマット」には保湿成分が10種類配合されています。
マットな質感ながらも、保湿成分の効果で、時間が経ってもシワっぽさは与えません。

万能なのは「No.03ローズ」

pattern_1
No.03ローズは、ややベージュ感のある落ち着いたローズカラー。
個人的に一番使いやすいなと感じたのは、No.03のローズ。
ベージュっぽさも含んだ落ち着いたローズカラー、かつマットな質感なので、お仕事シーンのきちんとメイクにも相性が良いティントです。

よりフレッシュ感を出したいときは、オレンジみの加わったNo.01コーラル。
デニムなどシンプルなアイテムに合わせて女っぽいメイクをしたいときは、ぱきっと真紅なNo.02レッド。
という使い分けでも楽しめそうです。

フチまで塗りやすい硬めチップ

ティントの欠点は、その色づきのよさゆえに、失敗したときお直ししづらい!
というところなのですが、「リップティントマット」はやや硬めの細いチップなので、クチビルのキワまできれいにふちどれて失敗する可能性は低いです。
pattern_1
チップ、平たい面。ふんわりしていて伸ばしやすい。
pattern_1
チップ、細い面。クチビルのキワはこちらでふちどり。

塗り方のコツ

ボトルから取り出す時チップをよくしごき、まずはクチビルの外側ラインをチップの細い面でふちどってから、残りのティントをチップの太い面で塗りのばしていくとしっかり発色します。

万が一はみ出てしまっても、色素が落ち着く前に、すぐティッシュでふきとれば大丈夫です。

ふわっと自然な仕上がりにしたい時は、クチビルの真ん中を狙って少量のティントを太い面で乗せてから、クチビルどうしをはさんで「ムマッ」とやると、ナチュラルな発色になります。

CANMAKE「リップティントマット」

キャンメイク リップティントマット
全3色
650円+税
2018/4/1発売
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ