with lab
written by withLabメンバー 佐川果歩

『スキンケア』クレンジングでちゃんと落ちてる?

こんにちは♡ 

ご覧いただきありがとうございます。


佐川果歩です!







クレンジングの洗浄力を体感してみる


というのがマイブーム。


↑の4アイテムは

乾燥肌の人にわりとオススメなクレンジングたちです!


・カウブランド

・無印

・おひさまで作ったオイル

・セララボ






 今回はアディクションのハイライトを使って。



出典元




クレンジング洗浄力は普通程度のもの。

(油脂二種類、油脂+エステル、エステル)




結果


このハイライトは、クレンジングの油分だけでは落ちない。



でした!


落ちなかった原因


・密着度の高いシリコーンオイルが入っていた

・肌に直塗りした




密着度の高いというのは

汗にも水にも強いということ。

いわゆるウォータープルーフみたいな。

そう書いてないけどウォータープルーフ仕様ですね。



ウォータープルーフコスメは化粧崩れしにくいのがメリットですが、

クレンジングオイルでも落ちにくいので肌にとっては負担大。






落ちにくいコスメを使いたい場合


・軽くこすりながらクレンジングする

・ダブル洗顔する

・下地を落ちやすいものにする


要するに洗浄力をあげるか落ちやすい工夫をするかの2択。


じゃあ落ちやすくってどうゆうこと?を解説するよん




 落ちやすくするには?


ケミカルフリーの日焼け止めを下地として使う



一概には言えないけど

ケミカルフリーの日焼け止めは比較的、

シリコーンオイルが入ってないか

少ないものが多い!!



こういった日焼け止めは

スルッと落ちてくれるので、

その上に重ねたシリコーンオイルも

スルッと落ちてくれまーす♡




逆に、


絶対崩れない!

24時間キープ!

皮脂を抑える!


みたいなやつは典型的な落ちにくい下地なので、炭化水素系の洗浄力が必須。


乾燥肌の人はクレンジング直後から

カッサカサになるやつ。笑





下地を変えると美肌に近づけるかも



肌に直に触れる下地を変える

クレンジングの洗浄力を下げられる

肌の保湿成分を落としすぎない

肌の表面のバリア機能が整いやすくなる

最低限の保湿で肌の潤いを保てる




メカニズムはこんなかんじ。






 シリコーンは悪くない!





今まで流れだと

シリコーンオイルって

避けたほうがいいんじゃない!?



と思うかもですが



シリコーンオイルは水にも油にも

流れにくい特徴があり、

それによりメイクをキープできる

のでただの悪者ではないんです♡



しかも、シリコーンオイルは

安定性が高いので肌荒れの心配もほぼなし!



天然成分は自然界にあるもので作ったもの。

紫外線に弱かったり、

季節によって変わったり、

不安定な成分も含まれたりと、

敏感肌や乾燥肌のバリア機能が弱っている人には刺激を感じることもあるんです。



そういった面でも、必ず紫外線を浴びる

昼間に使う化粧品こそ

シリコーンオイルが適切。


シリコーンオイル最高!笑



使い方だけ工夫すれば

いいとこ取りできちゃいます♡

 


 落ちやすい日焼け止めとか

クレンジングのオススメとか

ガチで気に入ってるアイテムたち

LINE 公式で紹介してみようかな〜♡




 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ