with lab
written by withLabメンバー Buchimaki

マスクの中、大丈夫?

美容家としてのお仕事もしている私ですが
最近すごく多いのが、マスクについてのかぶれや乾燥。

マスクがあるからと言って
メイクしない方も多いようです。

マスクについて気を付けないといけないのは
実は乾燥だったりします。

今まで、年齢と言われてきた肝斑のシミも
実際は小さい傷が原因のシミ。

特にこのマスクは、繊維によって摩擦が起きやすく
実はシミになりやすいアイテム。

普段、よく使うものですから
省くことが難しいですよね。

今回マスクが原因のシミを作らないために
誰でもできる、細かな手法をここに記載します。



◆マスクでシミにならないために

point1たっぷりの保湿
 当社で扱うミストでは10プッシュを推奨。
 水分はしっかりお肌に入れ込んでください。

 もちろん、乳液・クリームもたっぷりと


point2マスクは質の良いものを

 不織布や、ポリエステル、綿素材のものは
 表面の繊維質が荒いため、お肌に負担も多いもの
 出来る限り、お肌に負担のないものを
 選んでみてください✨

 ちなみに、シルク素材が一番おススメです✨

お肌のお悩みは女性にとっては大切な要素。
お肌の診断も当社で受けられます✨

「Withラボ見たよ!」で1000円オフしています✨
こちらのinstagramDMからお申し付けくださいね!

◆お肌診断はDMより
 美容家インスタアカウント

 ※インスタに飛びます

 
 
3 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ