with lab
written by withLabメンバー 印南桃子
20.Jul.2014

私の体型維持の方法☆その①

こんばんは


私のダイエット法というか、

体型維持のためにしていることをご紹介したいと思います


ダイエットカウンセリングも行なっている身として、よかったら皆さんもご参考になれば良いな〜と思い、順を追って書いていきますね




まず初めに、

私は体重計には絶対に乗りません


我が家には体重計も無いです




なぜかというと、

女性は特に、生理もあるので体重の変動が激しいからです。

ストレスや疲れから甘いものを食べたくなったり、
生理前になると水分量が体内に保とうとするので、浮腫みやすくなったり、
どうしても1、2キロは増加します。


皆さんもご存知の通り、
生理前と生理中はダイエットに一番向かない時期。


なので、私は生理中こそ、よく食べるように意識しています



体重計に乗らない理由としては、

変動が激しい時期に体重計に乗ると、

わ〜、増えた

といって、ストレスになり、食事制限をするようになるからです

でもストレスが原因になると、
後々暴飲暴食してしまう原因を、
食事制限によって作ってしまうのです。



体重=精神状態

といっても良いくらい、
数値が比例化しています。





でも、よく芸能人でもいますよね

私、今○kgしかないんです〜。

って言っている割に、そんなに痩せてたの?
と思えるような体型の方。


骨太な方や骨格がしっかりしてる方は、
あまり痩せてみえないことがありますが…



ようは、見た主観が大事



実際は痩せている体重でも、

痩せて見えなければ何も意味が無いと、私は思います



特に、ダイエットカウンセリングを受けたいと依頼をくださるクライエントさんは、
体重をどうにかしたい!
痩せたい!
と必ず最初におっしゃいます。



そこでこれまでの説明を必ずします



体重に囚われてしまうと、
焦りや数値を気にしてしまい、

水を飲むことも怖くなってしまうこともあるのです…



長くなりましたが、


これらのことがあるので、

体重ではなく、体型を維持、痩せる方法を行動することが大切だと思っています





私はクライエント様、
それぞれにあったダイエット方法を教えていますが、


ここでは私が毎日続けていることを教えちゃいます





その①



柔軟ストレッチ


です。







こんな感じに、
身体全身をストレッチします。


テレビを見ながら私はよくやってます

気持ち良く全身が伸びるのを感じながら



かれこれ、続けて6年が経ちます

妊娠中も欠かさずやっていました。



もう日課というか、
やらないと身体が重たく感じるようになって、
習慣化しました





でもね、

今はこーんなにベッタリ、柔らかくなったけど、





始める前までは前屈もまともにできないくらいガッチガチだったんだよー



最初は自分が痛いと感じるとこまでにして、

徐々に伸ばす距離を付けていったの




そしたら、だんだん柔らかくなって、

無駄なところにお肉が付かなくなったんだ

太ももの内側、
二の腕、
脇腹、
デコルテ、

全てに肉が付きにくくなって



効果が目に見えてわかってからは、
もう病みつきだよね。笑



私の場合は始めて一ヶ月で、
わかりやすく効果が実感できたかな


何がすごいって、
肩凝り、腰痛も軽減されたこと




ぼーっとテレビ見ながらできるし、
もちろんお金もかからないし、

楽チンながらストレッチです




オススメだよ〜











そんな私。



実は妊娠で16kg太ったんです



その臨月の写真がこちら






どーん笑




お腹…やばいね。笑






でもこの体重は3ヶ月で妊娠前に戻ったの〜


それもストレッチでの代謝アップのおかげかな






長くなったけど、


よかったら参考にしてみてください

1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ