with lab
written by withLabメンバー ゆう

体幹トレーニングの王様 プランク

こんにちは


今回はトレーニングの王道メニュー「プランク」の効果7つについてご紹介します。


プランク7つの効果

1.基礎代謝がアップして、太りにくい体質になる

動きが少ないプランクポーズですが、ポーズがとっている間はずっと筋肉がフル稼働しています。

鍛えることで筋肉量も増えるので、自然と基礎代謝がアップします

また、基礎代謝があがることで、ハードな運動をしなくても脂肪が蓄積しにくい体になります。


2.ぽっこりお腹の解消

年齢を重ねると徐々にお腹についてくる脂肪。

プランクではインナーマッスルを中心としたお腹の筋肉を鍛えられます。

また、腹筋だけでなく腰回りの筋肉も鍛えられるので股関節周りの筋肉もキュッと引き締められます。


3.体感が鍛えられバランス感覚が身につく

プランクの大変なところは、同じ姿勢をキープしなければならないことです。

姿勢をキープするにはバランス感覚も必要となるため、体は筋肉をしっかりと働かせようと全力で動きだします。

プランクを続けていくと、体感が鍛えられると同時にバランス感覚も身につきます。

特に上半身のブレが少なくなり、安定したバランス感覚を手に入れられます。


4.姿勢が良くなる

姿勢が崩れてくるのは、体を支える筋力が衰えている証。

間違った姿勢をキープしてしまうせいで徐々にクセづいてしまい、最終的に猫背となってしまいます。

しかし、プランクでは体の筋肉をしっかり鍛えられるので、姿勢矯正にも役立ちます。

普段は使わない筋肉を刺激したり、衰えていた筋肉を強化させたりできるため、再び自分の体を支えられるようになりますよ。


5.背中が鍛えられ、肩こり腰痛の改善

体を支える重要な役割を担う背筋。ここが衰えると腕の重さを支えられなかったり、姿勢が前傾なって

腰に負担がかかったりします。

本来負担がかからないはずの肩や腰がダメージを受けるため、肩こりや腰痛に悩まされることになるのです。

プランクでは、背中の筋肉が鍛えられるので、様々な不調の改善に繋がります。

マッサージ通いしていた方でもマッサージいらずの体になっていきますよ!


6.インナーマッスルを強化

一般的な筋トレで鍛えられるのは、皮膚に近い部分にあるアウターマッスルです。

体の中心部に位置するインナーマッスルはなかなか鍛えられないため、思うように体を引き締められないと

悩んでいる方も多いでしょう。

特に「インナーマッスルの一部であるお腹の筋肉「服横筋」は、姿勢矯正や基礎代謝アップなどには欠かせないため、

必ず鍛えておきたいはずです。

プランクは、アウターマッスルよりもインナーマッスルに効果的に働きかけるため、普段の動作に関与しない

腹横筋も効率よく鍛えられます。「体を引き締めたい」という方は、しっかりとプランクでインナーマッスルを

鍛えましょう。


7.他の筋トレ効果もアップ

筋トレの効果は、呼吸の仕方や筋肉の意識の仕方などによっても大きく変わります。

体幹のない方が「痩せるためだ!」と無理にハードな筋トレを行っても、正しい姿勢で鍛えられないため最大限の効果は

得られません。それに対して、プランクは正しいフォームを意識すれば筋力がない方でもできます。

筋肉を鍛えながら体幹やバランス感覚も鍛えられるため、他の筋トレに挑戦する際も正しいフォームで取り組めるように

なるでしょう。

筋肉を効率よく鍛えられるだけでなく、他の筋トレを行うための基礎作りもできるので一石二鳥のトレーニングといえますね。


効果がでるまで

プランクの効果は、1日や2日で出るものではありません。

ある程度の期間継続することで腹筋を割ることができたり、痩せる体質に変わったりするのです。

また、きちんとした効果を得るには期間だけでなくやり方も大切。

ハードなトレーニングではないため、女性も挑戦しやすいですが、正しいフォームを意識しなければなりません。

そのため鏡をみたり誰かに姿勢を確認してもらったりしながら、正しいやり方で理想の体を鍛えあげていきましょう。


最初は20秒や30秒から初めてみるといいかもしれません。

日々の継続により美ボディーを手に入れていきましょう!

 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ