with lab
written by withLabメンバー 黒帯さん^ ^

【NEWS】韓流アイドルのSNSで火がついた♡食べるだけで健康的にヤセる秘密?「鈴木絢子式超かんたんコグマダイエットの秘密」

10月13日は「さつまいもの日」と言われています。 埼玉県川越市のサツマイモ愛好者の集まりである「川越いも友の会」が制定されたそうで、 日付は10月はサツマイモの旬であり、13日は江戸から川越までの距離が約13里なので、サツマイモが「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われていたことや また、サツマイモは痩せ地で育つ・台風に強いなど長所が「13」もあると言われています。 「さつまいも親善協会」(東京都港区)会長で「さつまいも料理研究家」の鈴木絢子氏が13日に「鈴木絢子式超かんたんコグマダイエットの秘密」が発売中です。 内容は、「マツコの知らない世界」(TBS系)に鈴木氏が出演し、マツコをうならせた芋けんぴの作り方とアレンジレシピも掲載しています。 d43696-13-976af7a1856f1f8bb85a-7
鈴木絢子氏
 
「さつまいもの美容・健康・ダイエット効果や、誰でも簡単に作れるさつまいもレシピ、お酒のおつまみにもなる芋けんぴなど、芋情報を詰め込んだ一冊です! さつまいもがおいしいこれからの時期。さつまいもの魅力を隅々まで楽しんでいただければうれしいです」と語る。
タイトルのコグマとは韓国語でさつまいもの意味。韓国のアイドルがコグマでヤセたとSNSで話題になったことから、20~30代の女性を中心に注目を集めています。
鈴木絢子氏は16歳のころからコグマダイエットを実践。24年間にわたり、毎日さつまいもを食べ続け、体形をキープしている。さつまいもを切ると断面からにじみ出るミルク状の白い液体は「ヤラピン」と呼ばれ、胃の粘膜を保護したり、排便をスムーズにする効果があるという。
ユーチューブチャンネル「さつまいも親善協会 鈴木絢子」を今月開設したばかり。「食物繊維とヤラピンの力でおなかスッキリ。さらにリンゴの約7倍のビタミンCでツルツル美肌。カリウムが豊富で、夕方もむくみ知らず」と、さつまいもの魅力を布教中です。
 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ