with lab
written by withLabメンバー 西田千夏
14.Jan.2021

映画の紹介『尼僧物語』

西田です。

気分は12月45日目の気分です。笑

今日は電車の中に傘を忘れてしまいました。
いつか見つかりますように。

それで思い出したけど、
いつか私、始発から終点の駅まで寝て、
最寄りで寝過ごしたことがありました。笑

何て大きな忘れ物なんでしょう。

映画の紹介

本日紹介する映画は『尼僧物語』です。

尼僧って聞くと、どうしても宗教的なイメージは
強いですよね😅

あまり宗教に信仰心のない日本人からすれば、
特別興味を持つことはないかもしれません。

でも、実際的にこの作品では、
宗教を大々的に展開して描いてる訳ではないので、
変な気持ちで見入ることはありませんし、
神聖な気持ちで見ることも特にはありません。

あらすじ

ベルギーに住むGabrielle は、
一人前の尼僧になるため家を出て、
修道院へと向かった。

修道院では、修道女の戒律を学ぶことから始め、
5日後には修道志願女となり、
数ヶ月にも渡る厳しい戒律生活を置くことになる。

5日も経たないうちに辞めていく志願者も
多々いる中、Gabrielはその厳しさに耐えていた。

そして、Gabrielは見習いの尼僧となり、
髪を短く切られ、"Sister Luke"という名を与えられた。

Sister Lukeとなった今、
彼女は正式な尼僧になるべく修行を続ける。

『尼僧物語』について

 
8 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ