with girls
written by レギュラーメンバー ゆとり
20.Mar.2018

コンサート鑑賞

昨年の初N響鑑賞デビゥに続く、初サントリーホールです。
ベルリオーズの幻想交響曲

会場の一体感素敵でした。
指揮は世界のコバケンと言われる小林研一郎氏でした。奏者たちを主役にする技も印象的でした。
pattern_1
…で
クラシックも音楽も正直全く詳しくないので前もって読んで行った解説書によると
曲のストーリーとしては青年が舞踏会で一目惚れ→思い叶わず田園へ逃避→苦悩から相手をデリート→…まで理解できました。
この要約だと入試では部分点なしパワポでも0点ですがめくるめく多難は伝わったかと思います。

ネットでチケット取る時には満席でしたがちょこんと向かいの空席を見て、こういう日に限ってエクセルが壊れたりシステムエラーに見舞われた人がいたのかなと想像したり
昨年perfumeのライブに行った時集まったメンバーで持ってきた筈のチケットがどこにも見当たらず結局入れなかった人がいたことを思い出しましたが
ベルリオーズ的には賛美歌にも用いられる和音の組み合わせによって救いが訪れます。

会社出てから改札でショットガンのようにPASMOタッチして一目散に会場に駆け込んだんですが明日って本当に休みですよね。1日全くその話題が出てこなかったので不安になってきました。

今回も見出し不要でした。曲名間違ってないよね。次回はわかりやすく書きます。
pattern_1
4 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ