with lab
written by withLabメンバー 西田千夏
27.Nov.2020

映画の紹介『エクソシスト』

『with 1月号』の紹介

西田です。
pattern_1
with 1月号発売されました👏

今月号の表紙は嵐さんです。
Netflixで配信中のVoyageもチェックさせていただきました🙇‍♂️

( ※あらしっくの皆様、
気を悪くしましたらすいません)

中身では、
嵐さんのスペシャルインタビューが取り上げられています。

今月号のwithの私的見所は『SDGs』についてです🍀

SDGsとは何か。

pattern_1
17に分類された様々な目標を掲げたものです。

恐らく論文や研究発表、調べ学習などで
扱われる機会も増えたのではないでしょうか?

P40、堀田茜ちゃんが目印になってます。

国際的な問題ということで、
あまり関心が向くのは難しいかもしれませんが
ほんの少しだけSDGsについて書かれておりますので
目を通してくれれば嬉しいなと思います。

映画の紹介

本日、紹介する映画は『エクソシスト』です。

70年代に一大オカルトブームを巻き起こした
ホラー映画です。

『The Exorcist(エクソシスト) = 悪魔祓い』
という意味です。

あらすじ

人気女優のChris MacNeilは撮影ロケのために
娘のReganとワシントン近郊のジョージタウンに家を借りていた。

ある日、Reganは奇妙な言葉を発し、
その不可解な言動や行動はChrisのパーティーでも起こり、収まることはなかった。

やかで、Reganは声も顔も醜悪なものに豹変し、言動や行動は徐々に悪化していく。
Chrisは心配になり、病院へ連れて行って、
検査をしてもらうも医師からは見放されるようになる。

それからある日、
映画監督のBurke Denningsが殺される。
遺体が発見されたのは、
Chrisが借りてる家の近くの階段だった。

Reganが悪魔に取り憑かれたと悟ったChrisは、
Damien Karrasという神父に悪魔払いを依頼する。

Karras神父は、調査を進めていくうちに、
悪魔に取り憑かれてるRegan自身のメッセージを見付け、
最初は否定的だった悪魔祓いを決心し、
悪魔祓いが行われる。

『エクソシスト』について

キリスト教とか宗教事情があんま分かんない。
冒頭の古代遺跡の成す意味もあまり分からなかった。
Reganがなぜ、
悪魔に取り憑かれたのかも分からない。
こっくりさんをしてたから?
悪魔がそもそもあの家に居る(?)棲みついてるのも気になる。

あんなに白い吐息を吐いてる割に家に居る人が割と薄着なのも気になる。
だったら、暖房くらい付けるはず。

悪魔祓いはするけど、
結局、Karras神父が自ら悪魔に自分の体を乗っ取らせて死んでしまうなら
長時間にも及ぶ悪魔祓いのシーンは要らなかったんじゃないか?

など、色々納得出来ない部分はありますが
自分も一緒に悪魔に殺られたようなカメラワークや
悪魔に見つめられてるような描写があり、
怖さを感じ、臨場感もありました。

楽しかったって言うと語弊があるけど、
ゾクゾクしました。

内容面では不満はあれど、
カメラワークが本当にすごいので、
技術が進化した2020年代でもエクソシストの
カメラワークは誇れるものだと思います。

☠️☠️

pattern_1
からの…。
pattern_1
 
Jack Sparrowならぬ
Johnny DeppのTシャツでした🙌

半袖だから1年くらいもう着ることはないので
ちょっと着てみました。笑
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ