with girls
written by レギュラーメンバー いくみん☆
17.May.2019

「ソーダストリーム 生麦・生米・生炭酸2019」へ!

ソーダストリーム「生麦・生米・生炭酸2019」

pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
世界No.1の炭酸水ブランドであるソーダストリームの新製品「ソーダストリーム スピリット ワンタッチ」の発表会
「ソーダストリーム 生麦・生米・生炭酸2019」へ伺いました!


私にとって、思いがけぬ、お勉強時間となりました!(●^o^●)


神田明神ホールで大々的に行われた同イベントは、
オープニングには迫力のある和太鼓!

ブランドアンバサダーのアンジャッシュ渡部建さん、炭酸水ユーザーを代表して菊地亜美さんが浴衣姿で登壇。

新CMが披露され、2人並んで「炭酸水づくり」の実演!

渡部さんはハイボールを、菊地さんは新商品「ウォータードロップ」を入れたフレーバー炭酸水を作りました!

味見した菊地さんは「作りたての炭酸水って本当に美味しい」とコメント。
旦那さんに撮影してもらったという自宅で炭酸水を楽しんでいるオフショットも公開し、「朝から毎日炭酸水を飲んでます」と炭酸水生活を語った!

更に、ハイボールに合うつまみとして本マグロ解体ショーが実施された!

お腹の大きなプリプリした本マグロを解体するシーンは、ステージ上からもその迫力が伝わってきた!

捌きたての新鮮な本マグロは、この後のパーティーで振舞われました。

握り、手巻き、丼で味わった本マグロは程よい脂が乗りトロっとしていて、本当に美味しかった!
お米も海苔も美味しくて、生炭酸!と共に幸せを感じたいくみんである^^

この美味しい魚もいずれ、食べられなくなる日が来るかも・・

会場の入り口に置かれていた鯉のぼり。

お腹からは、大量のゴミが排出されてる。

一体何を意味するんだろう・・?!

これは、プラスチックやペットボトルのゴミをこれ以上増やさないために、「プラスチックゴミからの開放」を掲げるソーダストリームが表現したものである。

私たち人間が捨てたゴミは雨で川へ、やがて海へ。
そのゴミを魚が食べる。
それらを食べた有害物質を含む魚を私たちが食べる。
という現状があるそう。

年々ペットボトルの製造、消費が嵩む現代、リサイクルでは間に合わず、
これ以上の製造、購入を抑えるべきであろう。
このようなことが、
環境副大臣 あきもと 司様、またソーダストリームCEOダニエル・バーンバウム氏、自らお話された!

自宅で浄水で炭酸水を作れば、水や炭酸水のペットボトルを買わずに済むこと、
スーパーで買い物する際、プラスチック袋ではなくエコバックを利用すれば、プラスチックゴミを増やさずに済む。
こういったことを一人一人が心掛ければ、今後の世の中も変わるかもしれない!地球の環境問題に大きく影響する!


炭酸水ブランド「ソーダストリーム」のイベントで、
考えさせられたひと時だった。
「ひと時」に留まらず、これからずっと心がけようと思いました・・!

買い物の際エコバックは使ってるので、早速自宅ではソーダストリームを使おう!)^o^(

作り立て生炭酸は本当に美味しい~!炭酸の強度も選べる◎
スカッ‼キリッとするね!

もう既に使ってる方も居ると思うけど、炭酸水は色んなアレンジが楽しめ、どんな料理にも合うね(^o^)/


pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
12 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ