with girls
written by レギュラーメンバー manami...*
30.Jun.2015

コシノジュンコとMUJソプラノ歌手


招待券をいただいたので、行ってきました

藝大の学長が年に2回ゲストを招いて開催するトークショー&コンサート


今回はなんとコシノジュンコさんがゲスト

前半のトークショーではコシノジュンコさんのファッションアート活動を中心に、これまでの経歴や最近のトピック、オリンピックに向けての文化的構想(学長もコシノジュンコさんもオリンピック委員会だそうで)などなど盛りだくさんの興味深いお話が沢山聞けました
実は、招待券を座席券に引き換えるの「少し早めに並んだ甲斐がありまして、最前列の席に座れたのです
間近で見るコシノジュンコさん、素敵でした!
最初はモダンな和装での登場、会場を暗くして映像を流している間に、更にモダンファッションなかっこいいお姿での登場…素敵過ぎる

前半が終了し、休憩の間にコシノジュンコさんは客席の主賓席へ
後半のコンサートではコシノジュンコさんのリクエスト曲…と前半の終わりにちらっと学長がはなされていましたが、その時に「ご覧」くださいと強調していました…こ、これはもしや

後半のコンサートの第1曲目はラヴェルの「ボレロ」フィギュアスケートではお馴染みの曲ですね
あの曲はプロの楽団でも難しいというのですが、藝大の学生オケは流石というか、立派に堂々とソロを奏でていました
で、驚いたのが曲が段々終盤に近づいていくちょっと前辺りで客席の中程にピンスポットが…素敵な衣装を纏ったモデルさんがボレロのリズムに合わせながら舞台上に登っていき…

この方はもう一人のゲスト、小川里美さん

東京音大出身で、ソプラノ歌手でありながら1999年のミスユニバースジャパンに選ばれたお方なのだとか
スタイルもお顔も美しく、コシノジュンコさんの衣装を素敵に着こなされていました…( ´ ▽ ` )
ボレロの終盤の賑やかになるところで一旦退場、次の曲ヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ『こうもり』より「チャルダッシュ」の衣装は全身黒のモダンドレスに身を包んで登場
コンサートということで写真に残せなかったので、私の稚拙なイメージ図で笑
美貌だけでなく、歌唱力も演技や表情も素晴らしかったです(>_<)
この次はまたもやモダンな軽やかな振袖のような衣装に着替えて登場し、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の「ある晴れた日に」は小川里美さんが夫人の表情になって、オケの前奏か始まったところからジーンときていたのですが、小川里美さんが歌い出した途端に涙が一気に出てきてしまいました

他にも色々とサプライズや面白いお話もあったのですが、あり過ぎて書ききれないですね…残念ですがひとまずこの辺にさせていただきます(>_<)

もう、なんというか本当に貴重な体験が出来たトークショー&コンサートでした
次回のゲストも既に決まっているそうで、なんと秋元康さんらしいですよ
私の勝手な偏見かもしれませんが、藝大に秋元康さんが来るのは不思議な感じ…でもこれもまたオリンピック繋がりもあるのかも?
次回もまたこの特別なイベントに行ってみたいと強く願ってます
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ