with lab
written by withLab STAR100 エディター 泉マリコ
25.May.2016

カンボジア旅 アンコールトム攻略法♪

カンボジア、アンコール遺跡群の観光は感動の嵐でした(´;ω;`)
4月なのにとても暑くて暑くて、汗も滝のように流れていましたが…。



今日はアンコールトムをご紹介します。
アンコールトムは、周囲12kmもある広大な城壁都市。
その中心に、バイヨン寺院があります。

■大迫力の南大門(*_*)



南大門からバイヨンまでは1.5kmの距離。
私はツアー旅行だったので、バス移動です。
暑さと体力のことを考えると、とても歩けません!



■バイヨン寺院の繊細なレリーフに、壮大な歴史を感じます。



レリーフの図柄は、、、クメール軍の行進、水上戦の様子。
商売、市場、闘鶏、出産シーン、、、、、多彩です。
これらの全てに注目していては、、、日が暮れてしまいます。
研究者以外はホドホドに。
一番おすすめなのはガイドさんの説明を聞きながら効率的に進むこと。
広大な寺院なので、丸腰で行っては翻弄されてしまいます…。


■1番の見どころは、観世音菩薩の四面塔!



バイヨンのメインは、やはり中央祠堂周辺の、観世音菩薩の四面塔。

その巨大さと数の多さ、点在する密度の濃さ
何と言ってもその瞑想的な表情の魅力に圧倒されます。



宗教的な雰囲気もありますが、、人間的な親近感、、おおらかさ。そんな居心地の良さに満ち溢れています。

バイヨンには49の塔があり、117個の人面像が残っています。
人面像は観世音菩薩を模していると言われ、その柔らかな微笑みは「クメールの微笑み」と呼ばれています。
死ぬまでに一度は見たい、大迫力の建造物です。




■バイヨン寺院を抜けたら像のテラスへ。




ちなみに、象に乗っている人もいました。
けっこう危険ですが、楽しそうでしたよ(・∀・)

泉マリコ
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ