with lab
written by withLabメンバー Akubi☆

ミシュランマンにならないために...

最近グルメネタが多いので今日はコーデネタを(^○^)


だんだんと寒さが増してきているこの季節にとってもお世話になってるアイテム


それは...





ダウンコートさん


ダウンコートさんは保温性バッチリ、もはや着る羽毛布団と言っても過言ではないほど重宝するアイテムですねぇ( ^ω^ )


私も朝今日ちと寒いかな...

と頭をよぎったらお仕事行く時にダウンに手が伸びてしまいます(^^;;


そんなダウンコートさんですがあったかいのはとっても嬉しいのですがその分悩まされるのがこの....





ミシュランマンのようなふもっふ感
羽織っただけで見た目体重プラス2、3キロいくんじゃないかって思っちゃいますねぇヽ(;▽;)ノ


そんな手の離せないあったかアイテムのダウンコートさんをいかに気痩せて着るかちょっとしたポイントをご紹介します( ^ω^ )


ポイントその1
「着痩せする」ダウンの選び方

まず、試着した際に、前のボタンやファスナーを閉めます。

そして肩の線が合っているか、後ろ身頃がわきの下あたりに余っていないかをチェックしましょう(*^^*)


バストのある方は、胸の上に切替のあるデザインはやめたほうがいいそうです>_<
なぜかというと、胸が強調されてさらに太って見えてしまうのだそう(つД`)ノ


また、ウエストラインが絞られているもの(着た時にXラインになる)や初めから共布ベルト付のダウンを選んでみるとベストですよ( ^ω^ )



もしベルト付でないタイプに自前のベルトを使う際は4〜5cm以上の、ある程度太目のベルトのほうが視覚的にやせて見えます(^○^)



こんなの


ただし
Xラインのシルエットのもの以外は、ウエストがもたつくのでベルトはしないほうがいいみたいです




ポイントその2
マフラーやインナーで「Iライン」を強調っ


少し暖かい日は、ダウンの前を開けて、インナーとボトムスの色やトーンをそろえると全体のバランスを見たときに縦のIラインが強調され細く見えます。






また、寒い日は前を閉める場合は、ボトムスと同系色のマフラーやストールで縦のラインを演出すると同様の効果が得られるのでおすすめです( ^ω^ )



ポイントその3
ダウンコートの裾から「ボトムを出さない」こと


膝丈、膝上あたりのロングダウンは、スカートを合わせるときは注意が必要です>_<


それは...


裾がダウンから5cm以上出てしまうと、非常にバランスが悪く下半身が重く見えてしまうそうです(つД`)ノ



こんな感じ。



普段履くスカートの丈に合わせて、ダウンのタイプを選んでみるのがコツです(^○^)


ちなみにロングスカート派の人は、ショート丈のダウンのほうがスッキリ着こなせますよ





こんな感じ



そしてパンツの場合は、“細め”または“ショート丈”のものをコーディネートするとバランスが良いですよ






この3つのポイントをガッチリおさえればダウンコートマスター間違いなしです( ^ω^ )



現在ダウンコートユーザーさん、これからダウンコートを買おうと思っている方 の参考になりました幸いです( ^ω^ )


1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ