with lab
written by withLabメンバー 執行 美妃

インデックスファンドのメリットを解説!初心者が買うべき理由【投資女子プロジェクト】

こんにちは、withLabの執行美妃です。現在withLab投資女子プロジェクトに参加中です。
今回は第6回セミナー「インデックスファンド」についてお話しします。
初心者が購入するなら、アクティブファンドよりインデックスファンドの方がメリットが多いそうです。

そもそもインデックスファンドって何?

インデックスファンドとは、「日経平均株価」などの「指数の動きに連動」するよう運用されている投資信託のことです。例えば先日私が購入した投資信託は、まさに米国株式市場のほぼ100%の株を網羅しているインデックスファンド。

じゃあアクティブファンドって何?

アクティブファンドとは、「ファンドマネージャー = 運用担当者」が投資先を決めながら運用する投資信託のことです。一般的にインデックスファンドを上回る成績を目指して運用されています。

インデックスファンドのいいところ

ずばり、、
(1)コストを抑えた運用
(2)分散投資
(3)シンプルでわかりやすい!

(1)コストを抑えながら運用できる=長く続けることができる

投資信託ってお手軽な印象だけど、購入や保有には「コスト=手数料」がかかるんです。
■購入時手数料・・・購入するときに1度だけ支払う
■信託報酬=運用管理費・・・保有期間に応じて支払う
もし運用成績がマイナスになっても手数料は発生するので、マイナスなのに更に負担を負うことになるんです。(え...悲しい)投資信託って長期的に持つことが大切と言っていたから、手数料の負担が大きいと長期的なデメリットになっていきますよね。

でも待って・・・

『アクティブファンドはインデックスファンドを上回るように頑張るならアクティブファンドを購入した方がオトクなんじゃない?」と思った鋭いあなた。そのはずなんですが、、、実は過去10年の運用成績を比較すると、必ずしもアクティブファンドはインデックスファンドの成績を上回るとは限らないのです。
pattern_1
長い目で見ると、手数料が抑えられて平均的な利益がとれるほうが、絶対安心ですよね♪

(2)いろんな銘柄に分散投資できる=リスクを抑えられる

なぜ分散投資がリスクを抑えることに繋がるかというと、投資対象を複数に分けることで、もしその内1つが値下がりしても他のものでカバーできるからです。
また、インデックスファンドには色々な種類がありますが、どれも株式市場に上場している選ばれた企業の株価の平均値=指標を基準にしています。

どれも聞いたことのある指標

<日本>
■日経平均株価・・・日本経済新聞社が東証1部上場企業の中からバランスよく業種を選んだ225銘柄。
■TOPIX・・・東証1部上場企業の約2,000全銘柄。全銘柄なので日経平均よりも日本市場全体の動きが表されている。時価総額は700兆円
<米国>
■ニューヨークダウ・・・米国を代表する優良30銘柄。Apple・マクドナルド・ウォルトディズニー等。
■NASDAQ・・・ハイテク企業を対象としたNASDAQ市場に上場している全銘柄。その数3,000以上。Microsoft・Apple・Amazon・Google・スターバックス等、日本企業は任天堂が上場。時価総額上位5銘柄だけで500兆円を超える規模。(日本と規模が違いますね)
■S&P 500・・・NY証券取引所やNASDAQ等の上場企業のうち米国の代表的500銘柄。Microsoft・Apple等。

有名で安定した企業が多ければ、運用成績も安定している?

聞いたことがある大企業が選ばれている指標なら、経営が安定している会社が多いのかなということかなと思いました!
つまり、そんなインデックスファンドなら運用成績も安定しているということではと考えています♪

(3)シンプルでわかりやすい=初心者でも値動きが分かる

pattern_1
上記で説明したような日経平均株価やニューヨークダウって、例えば大江アナが出てるWBSとかLINEニュースとか、何かしら情報が入ってきますよね。そんな指数に連動するインデックスファンドなら「平均株価が上がってる時は自分のも上がっているし、下がっている時は自分のも下がっているんだ~」ってそのくらいの感覚でいられるのが、初心者には魅力だと思います。

何より、投資にかける手間を省ける。

購入時に情報を徹底的に調べたり比較したり、購入後も逐一チェックしたり、そういった手間が省けるのは、初心者さんには大きな魅力のひとつではないでしょうか(初心者&スローペースな私にとっては大きな魅力です)。

あえてデメリットをあげるなら

こんなに初心者にとってメリットが多いなら断然インデックスファンドだと思いますが、とことん納得したい方のためにデメリットも解説します。
あえて言うなら、この2つ。
・平均以上の利益がない
・投資のスキルアップにならない
市場平均を選んでいるなら、平均を上回るような利益はないのは当たり前。投資先も機械的に優良企業を選んでいる訳だから、目利きするスキルが上がらないのも当たり前。私にとってこの2点はデメリットとは感じませんでした♪(逆に自分で選ぶ時間があって挑戦してみたい人はインデックスファンドじゃなくていいかも)

初心者さんはインデックスファンドを買うべき

自分のだけが下がっている訳じゃない、って諦めがつく。

上がるときは上がるし、下がるときは下がる。自分のだけが下がっている訳ではないから、どんな状況でも「今は仕方ない」って諦めがつくのって長期的に見ると心の安定になりそうです。
何度も言いますが、

初心者にはインデックスファンドがおすすめです。

インスタグラムの方では秘書の手土産、会食におすすめの飲食店、カフェの情報などライフスタイルをゆるりと発信していますので、どうぞお気軽に遊びに来てください♪
45 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ