with lab
written by withLabメンバー 衣装デザイナー rie ∞

私の子育てマインド2

こんにちは。

今日もご覧くださり、ありがとうございます。


今日もつらつらゆるゆる♪

3週間分の課題をため込んだ娘のお話

小学校休校中、毎週、一週間分の課題が出ています。

娘は、3週間分ため込んでいました(⑅•͈૦•͈⑅)


①3週間分の課題を並べて見せて、
 どれだけ溜まっているか自覚する。

②やらなかった自分に自己嫌悪、拗ねる。

③切り替えて、いっぱいあり過ぎて笑えてきた娘。
 1日で二週間分の課題を達成し提出。




<娘の学び>
・ため込むと大変になること経験できた
・できてない自分を自覚できた
・溜め込んでもできると認識


このあと、残りの一週間分である今週の課題を、
彼女がどうするのか、楽しみです♪(♡ơ ₃ơ)


いつも通り、私は、「宿題の時間も決めてね」のみ♡
1日の過ごし方はもちろん自由♪





pattern_1

それは誰の問題なのか♪

私は基本的に、娘を信じて待つことしかしません。

先生も保護者も、勉強するように促すことはできても、
勉強するかどうかは、子ども本人の課題。


・勉強することで得られるメリットに、子ども本人が気づくこと
・そのメリットが本人にとって価値があるかどうか。
・継続する価値があるかものかどうか。
・勉強しないとどうなるかも経験する必要がある。
などなど、マーケティングみたいです꒰ ∩´∇ `∩꒱


言葉で伝わるのは、ある程度、経験したことがある人にだけ。
その経験もない子どもには、
それを学ぶ機会を与え、その機会を私は奪わない♡
と決めています。








与えて、奪わない♪

本人が考えたり、行動したり、
泣いたり、困ったりする機会を奪わない♡
困る前に、手を貸すことは簡単です。

大丈夫と信じて待つ


「宿題ため込んだけど、私は大丈夫♪」と娘も思えるから。
そして、「できる」と信じる私に安心して、彼女はやり遂げた。



子どもは大丈夫です。
あなたの子どもだから、大丈夫です♪

と私は思います꒰◍•̤ु௰•̤ु꒱.๐♡.๐




こちらのブログが、
誰かの なにかの 力になれると嬉しいです...⭐︎

instagramはこちら♪



8 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ