with lab
written by withLab STAR100 小出みゆ

【話題のSNS】dispoって何?

いまclubhouseに次いで話題のアプリ『dispo』って知ってますか?

pattern_1

Instagramの再発明と言われる写真SNS

dispoは、人気YoutuberのDavid Dobrikさんが考えた写真SNSアプリ。

いわゆる使い捨てカメラをモチーフにしたアプリで、フィルムのようなエモい写真を撮ることができます。

ちなみにdispoはdisposableの略で「使い捨て」を意味するそうです。

dispoの特徴。

特徴①. 撮った写真は翌朝9:00まで見ることができない

dispoで撮った写真は翌朝9時まで見られません。
これが最大の特徴です。

dispoは使い捨てカメラから着想を得たアプリとも言えますが、使い捨てカメラは写真の設定(フレームや加工)や確認作業がないですよね。

つまり撮影時間が短縮される。

だからこそ、"今"を楽しめる。
写真が現像される、"明日"楽しめる。

それがdispoの最大の特徴であり、コンセプトなんです!

特徴②. 友達とカメラロール(Rolls)を共有できる

dispoで撮った写真は、Rollsと呼ばれるアルバムのようなものにまとめていくことができます。

友達と一緒に撮った写真を、共通のRollsで共有して、翌朝9時に離れた場所で同時に確認し、リアクションし合うといった使い方が想定されています。

どんな写真が撮れているかお互い分からないワクワク感がdispoの面白さだと思います。

特徴③. 現在は招待制

Dispoは話題のclubhouse同様に招待制となっていて、招待枠は1人につき20人分です。

(少しだけ招待枠が余っているので、気になる方がいればinstagram等から連絡ください♩)

招待枠については、 clubhouseのように増えたりするのか等、詳細はまだわかりません。
また、今後変動する可能性もあります。
※2/25時点の情報です。

dispoの画面ってどんな感じ?

pattern_1
これがdispo上で表示されるプロフィール画面です。

現在、カメラロール部分についてはスクショNGとなっているようなので、あまりお見せできずにすみません..⌓̈

dispoまとめ

というわけで、現時点でのdispoの情報をまとめるとこんな感じです。

・iOS版のみ
・利用には招待が必要、招待枠は20
・撮った写真は翌朝9時にならないと見られない
・写真フォルダから写真はあげられず、アプリで撮った写真のみアップ可能
・DM機能はない
・Rollsと呼ばれる、共同で作るカメラロールがある
・Rollsの中で写真を沢山アップした人がランキングで表示される
・撮影時の画面にはインスタントカメラ風の画像が表示され、狭いファインダー部分を見ながら写す

さぁはじめてみよう!

2/24に正式版ローンチとなったdispo。
clubhouseに疲れてしまった方や乗り遅れてしまった方等々、、
飾らないありのままの写真で楽しめる新感覚SNS「dispo」を始めてみてはいかがでしょうか?❤︎
pattern_1
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ