with girls
written by with girls Koyuki
01.Oct.2019

【あいちトリエンナーレ】現代アートから現代社会を考える🤔

pattern_1

3年に1度の現代アート展

3年に一度愛知で開催される現代アートの祭典、「愛知トリエンナーレ」に行ってきました(^^)♪

対話型ガイドツアー

会場では、対話型ガイドツアーに2回参加しました。
参加者の方とアートを見て、何を感じ、考えたかを話し合いながら巡ります。

ツアーに参加して、『事実を観察すること』を学びました。
少ない情報で「たぶん、こう」と決めつけることが多いことに気がついたからです。
よく観察することで、作者の想いのカケラが1つひとつ見えてきます。

現代アートから感じたこと

まずは題名を見ずに観察する。
どうしてこの材料なの?形なの?これがここにあるの?問いかけて、自分なりの答えを出してみる。
答えは1つじゃないし、感じることも人それぞれ。

私は、技術の進歩や人の「情」によって、「入りきらない枠にはめられた 情報が流れていること」、「自分の一部をあちこちに落としていること」、「表現する自由への責任を軽視していること」を実感しました。

「いつもより、じっと観察してみる。
そこから見える事実をあげてみる。
そして、どんなメッセージがそこにあるのかを考える。」
そうすれば、本当に守りたいものがわかってくると思います。
pattern_1

あいちトリエンナーレは10月14日(月)まで!!

2019愛知トリエンナーレは10月14日(月)まで。
もう1、2回は行って、名古屋市美術館と円頓時商店街の作品も見てみます😊
10 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ