with girls
written by with girls 黒帯さん^ ^
01.Feb.2020

【新製品】日本が誇るスーパ−フードドリンク発売〜玉兎

海外セレブたちが身体に良い、美容に良いと夢中になると世界に一気に広まった スーパーフードは今までも色々なものがブームになってきました。 そんな世界的に影響を持つ海外セレブたちが今、夢中なのが緑茶。 日本では緑茶が身近すぎて、ブームというイメージがないかもしれませんが、 海外からの逆ブームでもっと緑茶ブームが加速しそうな予感です。 今回は、京都府では、宇治茶の新たな市場開拓や販路拡大を目指し、 茶業関係団体と連携して「瓶入り宇治茶ドリンク」を開発。 20190123_tamausagi_1 新商品発表会に訪れました。 IMG_5606 宇治茶(うじちゃ)とは、日本の緑茶で。 京都府・奈良県・滋賀県・三重県の4府県産茶を、 京都府内業者が京都府内において、 京都府南部の宇治地域に由来する製法により仕上加工したもので 静岡茶、狭山茶と並んで日本三大茶といわれ、 生産量の少ない狭山茶を除いて、 静岡茶とともに日本二大茶ともいわれています。 こちらの新製品お瓶入り宇治茶ドリンクは、 「京都府宇治茶普及促進条例」を踏まえ、京都の料理界からも要望が高かった、 宇治茶の有料ドリンクメニュー化を推進するために開発したもので、 「特別な時間を提供する新しい宇治茶のかたち」をコンセプトに、 玉露を使用した今までにない新しい商品出そうです。 開発のねらい お茶は、日本の飲食店等においては、 水と同じように、無料で提供されていますが、 対価を支払う価値のある商品があれば、有料での提供が可能で ·飲食店等でのノンアルコール飲料のメニューとしては、 ウーロン茶の瓶入りはメニューにありますが、「緑茶ドリンク」はほとんど無い状況です。 お茶を有料で楽しむマーケットを今後伸ばしていくため、 ノンアルコール飲料として、「瓶入り宇治茶ドリンク」を開発されたそうです。 5月下旬に発売予定で ・販売準備期間中に本商品を取扱う店舗を募集し ・4月末以降には、取扱店舗を紹介する府民向け広報を実施するそうです。 検討中の価格は、千円以下とする予定だそうです。
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ