with lab
written by withLabメンバー あかねまる

【一度は行ってみたい!歌舞伎って、どんな感じ?②】 持って行くべき!必須アイテムって?

おこしやす〜あかねまるです。

花形歌舞伎 南座レポ続きです〜②

 

さて、ようやく南座に着いたので入場。





さっ、入ろう。

ちょ、待てよ!(誰やねん)


えっ?

 

必須アイテムを手に入れなければなりません。


●必須アイテム其の一:『イヤホンガイド』

イヤホンガイドとは、公演中、音声で演目の説明や、衣装、その時代の背景等を解説してくださるものです。
(美術館とかでもよくあるアレです)

これが、あるのと無いのとでは、全然違います。

無いと意味がわからなくて、「なんでそうなったの?」という事態も……。
 
観劇への理解がぐっと深まります。
入り口付近に貸し出し所がございました。 ※レンタルです。帰る時に返さなくてはなりません。





↓これがイヤホンガイドです。




公演中、ささやき女将のように解説し、語りかけてくれます。まじ神。
さて、水。

●必須アイテム其の二:水

えっ、なんで水なん?
って思いますよね。
観劇中、咳をしないように喉のコンディションを整えます。飴も笑(歌でも歌うんかい)

しんと静寂に包まれる瞬間があり、客席も緊迫した雰囲気になる時があります。

咳が止まらない時、あせりませんか? そんな時に喉を潤すことができるので安心です。
 

筋書きを買いに行きます。


筋書きとはパンフレットののような物。
↓今回の筋書き、配色がピンクでとても春らしくモダンなデザイン。
桜もゴールドでかわいい!





演目の番町皿屋敷・芋掘り長者のテーマは『愛と恋』なのでこの配色なのだとか。
(確かそうおっしゃられてたはず…)



●必須アイテム其の三:グッズを購入した時にいれる袋

筋書きや、グッズを購入した時、かさばって荷物になるのでまとめて入れる物があれば便利です。それか大きめの鞄。


●必須アイテム其の四:ハンカチ(泣く方は笑)

感動して泣いてしまう、という方に笑


次回はいよいよ観劇レポ本番です!


よろしゅうおたのもうします〜

2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ