with lab
written by withLabメンバー Yuri

私がモデルをする理由🌼

私は今

アパレルの撮影モデル
ポートレートの被写体 など

公私ともに写真撮影をしていただいています。

でも

昔は撮られるのが苦手でした。



だから

【モデル】と呼ばれるようなことに
今携わっているのは自分でも不思議な気持ち。

きっかけは転職。


もともとは全く別の分野で働いていましたが
縁あって今はアパレルの会社にいます。

商品の企画をして
写真撮影をして
画像加工をして
販売する。

もちろんプロのモデルさんにも依頼しますが
社員がモデル役をすることもあります。

それが今の私です。

はじめは
ポージングなんて全然わかんなくて
いっぱい参考画像を探しながら撮影に臨んでいました。

「私でいいのかなぁ…」って不安になりながらも
やっぱり
自分の写真で服が売れたらすごく嬉しい。
Login 窶「 Instagram (839959)

だけど自分の写真は嫌い。



自分で撮った写真を
自分で加工するのなんて当たり前。
その度に
できるだけ顔が入らないように
自分だという意識が薄れるように
切り抜くことばかりを意識してしていました。


でもある時

「この写真の顔めっちゃいい感じやから顔も入れたままにしていい?」

と同僚が。

本当はすごくイヤでした。
でも第三者が「いい感じ」と思うなら…
と了承する私がいました。

まわりが評価をしてくれるから



私の写真に対してリアクションをくれる人たちのおかげで
自分の見方も変わっていきました。

私が見てる私と
まわりが見てる私って
実は全然違うのかも?

自分を好きになってあげたい



自分のここがイヤだって
挙げようと思えばいっぱい言える。

でもそれじゃ楽しくない。

私は私と一生いっしょなんだから
好きになった方が絶対楽しい。

写真を通した私を見ること。
その私を誰かと共有すること。

私って案外悪くないかも



そう思いたくて
私はモデルをやっています。

すっごく利己的な理由だけど

私の他にも
写真の私を気に入ってくれる人が
増えていったら嬉しいです。
Login 窶「 Instagram (839954)

 
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ