with girls
written by with girls STAR100 エディター 土井菜月
24.Feb.2020

1年以内に【英語恐怖症を克服】仕事に直結するスキルの習得法とは!?

社会人一年目の頃、英語を話すことがとっても怖かったんです...

こんにちは。京都府在住のwith girls STAR100 & エディターの土井 菜月です。

スキルの一つとして、英語を勉強したい!という声を最近よく耳にします。

私は学生時代から、「絶対に英語を使う仕事がしたい!」と強く思っていました。しかし、実際に働き始めると自分のレベルの低さに愕然としてしまい、電話がかかってくるだけで怖いと思ってしまうほど、「英語恐怖症」になってしまいました。様々な勉強法を試した結果、今は何の躊躇もなく話せるようになりました!

最近よく、「どうやって勉強したの?」といった質問を受けるので、私なりの勉強のコツを5つのポイントに絞って紹介します。

1. 目標を設定する

何を始めるにも、目標設定は大事ですよね。どのレベルに到達したいのか、最初のゴールを設定してみてそこから逆算してみましょう。

「TOEIC850点以上」でもいいし、「外国人観光客に道を聞かれた時にスムーズに答えられるようになること」でも、「海外一人旅で現地の人と会話を楽しめるようになること」いいんです。モチベーションを保つには、今すぐには出来ないけど頑張ったら到達できるかな?と思えるレベルに設定するのが丁度良い思います。それから、期間設定も大事。ダラダラとサボってしまわないように、何時までに達成したいのかも考えておくのがおすすめです。

因みに私は、「1年以内にTOEIC930点以上」「3ヶ月以内に海外の現地法人との電話会議で司会をできるようになること」​を目標に設定しました。

その結果、TOEICは935点(ギリギリですが...)、電話会議は半年後から司会をさせてもらえるようになりました。

2. ボキャブラリーを増やす

どんな語学を習得するにも、まずは知っている単語を増やすことが大切。「単語を制するものは言語を制する」​ということです。

アルクの「キクタン」シリーズは、通勤中や休み時間などスキマ時間を活用しながら覚えられるので忙しいOLでも効率良く学べます。自分のレベルや目的に合ったものを選択できるのもおすすめポイントです!

本気度が高いなら、目につくところに貼るのも効果的◎

pattern_1
こちらは英語ではなくフランス語を勉強していた頃の写真ですが...本気度が高ければ、目につきやすいところに貼ってしまうのもおすすめです!
次のページ>>生きた英語を自分の武器にする、訓練法はこちら!
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ