with girls
written by girlsエディター 野尻真里
09.Apr.2018

現役で歯科医師になった経緯

こんにちは。
今回はInstagramやツィッター、SHOWROOMのコメントやDMで読者モデルや結構遊んだりしながら、なんでストレートで進級で一発国家試験に合格できたのですか?という質問をよく頂いていて、これはまとめて話した方がいいのだと感じ書かせていただくことにしました。

つまらないかもしれないです、ごめんなさい。

歯学部の厳しさ

私は私立大学でした。なので国公立大学とはもしかしたら感じが違うかもしれません。
私立の歯学部は1学年あがるごとにとにかく留年します。30人くらいは留年していました。
また、卒業試験はもっと落ち、国家試験は全国で1000人以上は落ちます。

私の成績

1、2年生の時は正直遊んでばかりで下の方でした。
3年生になり、このままの自分では嫌だと猛勉強をし、どんどんあがっていき、4年生ではCBT一発合格、ストレートで5年、6年といき、国家試験に受かりました。
なので5、6年生の時は学年の半分よりは上、全国順位はすごく高くもないけど合格圏内と言った感じで気を緩めたら良くないみたいな意識がずっとありました。
私は天才型ではなく完全に努力型でした。

大切なのは

ペースを確認できる友達がいること。
分からないことはすぐ聞くこと。
分からない単語を潰すこと。
暗記物は頭が覚えてくれるように何回も見ること。
グダグダと話しながらやらないこと。
自分はこうなりたいんだという夢や目標を持って勉強すること。
本当に努力家の先輩に沢山聞くこと。
土日はやる時はやる。遊ぶ時は確り遊んで月から金までの勉強量を多くする。私は土日が潰れる週は平日は毎日勉強していました。

1.2.3年生の過ごし方

私は3年生の時に大反省をして猛勉強した人です。学校が始まる前、6時くらいに起きて7時から7時半には学校へいき、9時の授業まで勉強→授業→4時半に終わり19時半から21時くらいまで復習を毎日繰り返していました。
1、2年生の勉強を取り返すために、平日に友達と遊んだりもしなくなったくらいです。
土日に東京での撮影に参加し始めたのもこの時期だったと思います。
でも、なるべく撮影は1日にまとめ、ほかの日にちはほぼ全部勉強していました。

今本当に思うのはこの生活リズムを1、2年生の時に掴むべきだったということです。
大学で過ごしていく安定した勉強のリズムを作ってそれに慣れた上で、何故成績が上がらないのか、何が原因だと思うかを自分で考え改善していくべきだったなと思いました。
そうすることで後の大学生活に余裕が持てたと思います。

ちなみにテストは。

私は定期テストの2ヶ月前は資料は揃っているか。ノートのチェック。をしました。
友達との時間は減らして勉強に重心を傾けます。
1ヶ月半前からは先生の重要ポイントが他人とはずれていないかをチェックする。
友達とは本当に勉強で集まるという感じにしました。この辺りから完全に重心は勉強だけです。

4年生 CBTの時期の過ごし方

教材が色々ありますが私は出る範囲がまとまっている説明の教材1冊と問題集は違う会社の2教材を使っていました。
また大学の資料も使っていました。
問題も3回以上は解きましたがそれより、説明の教材と大学の授業資料を何回も読んで暗記することに時間をかけました。
ちなみに、朝は3年生の時に作ったリズムで早起き勉強をして、授業のあとは必ず友達と図書館で帰りたいのを見張りあいながら授業復習をして、自学をして21時までには帰る毎日を送っていました。
土日も基本用事がない時は図書館で勉強をしていました。

5年生 ポリクリの過ごし方

ポリクリとは病院実習なので、授業はあまりなくサボり気味になります。
でも、朝の勉強を変えず、診療の合間はとにかく勉強をし、診療で知識が足りない、または実際診療を見てそういうことか!が出てきたらその日のうちに確認することです。
私は基本その日に行った科の勉強をその日にしていました。
ポリクリで大切なのは計画をたてて勉強すること。1年間のどの時期にどの科目をするかを4月に計画していました。
忘れやすい生化学などの基礎系科目をちゃんと勉強できるためにも大切だと思います。
この時期にwithのスター読者モデルになれました。私は土日は遊んだり勉強したりしていて、勉強の比率が6~7割くらいだった気がします。
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ