with lab
written by withLab STAR100 エディター 佐藤なおみ
22.Nov.2019

【交際2カ月】で婚約!彼との○○が楽しければ結婚生活は上手くいく!?

こんにちは、山形市在住エディターの佐藤なおみです。

11月22日は「いい夫婦の日」。

「ふたりの時間を大切に」と制定され、現在も普及が推進されています。

私たち夫婦も、実はもうすぐ結婚1周年を迎えます。

長年の友人や知人からは「まさか結婚するなんて…」と未だに言われることもちらほら。

というのもわたし、もともとは【結婚願望ゼロ】のソロ活女子でした。

仕事も不定休で、異性との出会いもほとんどありません。

映画鑑賞や読書、ジムに登山、カメラにライブ…ひとりで充実した時間を送っていました。

その時間が他人に割かれるなんて…信じられない。

正直、結婚は【損】でしかないと思っていました。

そんなわたしがいまの主人にプロポーズを受け、【2カ月】という交際期間で結婚を決めた大きなきっかけのひとつが【買い物が楽しかったこと】でした。

pattern_1
「買い物」という日常の一コマ。何気ない時間ですが、お互いを知ることが出来る貴重な機会だったりするんです
何で買い物…?

高いものでも買ってもらったの…?

いくつも疑問が浮かぶと思いますが、実は買い物を通して分かることって男女ともにたくさんあるんです。

今回はその理由を解説していきたいと思います。

1.食べ物の好み

相手の食べ物の好みは、最も重要な情報ですよね。

お互いの好きなものが一緒だったりすると話は盛り上がるし、好物を知ることで「作ってあげたい!」なんて気持ちにもなります。

そんな会話をしているうちに、自然と一緒に食卓を囲む風景も浮かんでくるのではないでしょうか。

2.どれだけ自炊をしているか

いまは弁当男子や自炊男子が珍しくないので、男性でも料理スキルがかなり高い場合が多いです。

普段料理をしている人は、食材の選び方や値段をちゃんと知っているので、彼のそんな一面を見たら好感度も上がりますよね。

また将来一緒に暮らすとなると、当然家事シェアはしたいもの。

衣食住の中でも欠かせない「食」を大切にする人は、きっとすてきなパートナーになるに違いありません。
pattern_1
食材選びは重要!生鮮食品を見分けるコツを知っていれば、買い物も一段と楽しくなりますよ

3.経済観念が分かる

ある情報によると、好ましい食費は手取りのおよそ15%程度だそう。

パートナーにはある程度、しっかりとした経済観念を持っていて欲しいですよね。

例えば、美味しいものは食べたいけれど、毎日外食やお総菜では食費もかさんでしまいます。

でも生鮮食品の値段の相場をしっかりと知っている人となら、安心して生活をすることができます。

一緒に買い物をしてみると、購入する食材で、その人の「食へのお金のかけ方」が分かるのではないでしょうか。

4.買い物という「日常の一コマ」を心から楽しめるか

pattern_1
2人で買い物をすること…そんな当たり前の日常こそ心から楽しめることが重要なのかなと思います
わたしは今も、主人と一緒にスーパーに行くのがとっても楽しいです。

食材ひとつを手に取って、何を作ろうか相談したり、幼いころの話に広がったり。

おトク食品は宝さがし気分で、夜のご褒美スイーツは何分も吟味しながら考えます。

「食」は生活のもっとも大切な基盤で、あまりに「日常」すぎるかもしれません。

でもそんな当たり前の日常を心から楽しめる相手とだったら、毎日充実した日々を過ごせること間違いありません。
14 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ