with lab
written by withLabメンバー 黒帯さん^ ^

【奈良】リヤドロのポーセリンアート&秋の味覚スイーツを楽しむアフタヌーンティー〜JWマリオット・ホテル奈良

奈良県初のインターナショナル・ラグジュアリーホテル「JWマリオット・ホテル奈良」は、 国際会議などで奈良を訪れる世界各国の賓客を迎える役割も担い、2020年4月に開業した県下最大の会議場を有する奈良県コンベンションセンターに隣接して建てらています。
img_01
2020年7月にオープン。エントランスにはホテル名とともにJWマリオットのシンボルである伝説上の生物・グリフィンのマークが掲げられています
「JW」とは、創業者の名前、ジョン・ウィラード・マリオットのファーストネームとミドルネームの頭文字です。
JWマリオットの1号店はアメリカの首都・ワシントンDCにあり、今回日本の1号店として誕生したのが、古代日本の首都だった奈良。この2つの都市は“首都”と“原点”という共通のキーワードでつながっています。
img_02
エントランスを入って右側に構えるレセプション。壁面には、奈良の山並みを表現した大きな西陣織の作品が飾られています。 館内の内装やインテリアを手掛けたのは、世界のラグジュアリーホテルに携わってきたロンドンのデザイン会社。 デザイナーたちは、奈良の魅力を体感するために実際に奈良に滞在し、風土や文化、神社仏閣などからインスピレーションを得てデザインしました。 内装には木や石などの天然素材を多用し、シンプルな美しさを表現するほか、奈良の神秘的な山並みを描いた西陣織のアートウォール、 IMG_6123 若草山焼きをイメージした暖炉風ミスト、邪気を払うといわれる風鈴をかたどった照明など、モダンなしつらえも随所にあります。
img_03
ロビーラウンジ。重厚で居心地のいい空間。正面奥は、立派な角が印象的な牡鹿のアート作品を見ながらお酒が楽しめるバーがあります。
JWマリオット・ホテル奈良では「Lladró Afternoon Tea-リヤドロアフタヌーンティー」が、本日、2021年10月1日(金)から2022年1月31日(月)までご提供中です。 223BACD6-FE54-4D63-B988-1B9E3497D290
「Lladró Afternoon Tea-リヤドロアフタヌーンティー」5,800円
「Lladró Afternoon Tea-リヤドロアフタヌーンティー」は、JWマリオット・ホテル奈良と、スペインのラグジュアリーポーセリンアートブランド・リヤドロのコラボレーションによるアフタヌーンティーです。
人生の美しい瞬間や躍動感あふれる生命の姿を表現するリヤドロのポーセリンアートは、1953年の創業以来変わらず、スペインの工房で一つ一つ手作業で作り上げられています。 IMG_6686 IMG_6688 0805C5EA-C39E-4B7E-A347-BB03CB9B903D 2 本アフタヌーンティーは、会場に並ぶ色鮮やかなのポーセリンを眺めながら、リヤドロの母国であるスペインゆかりのメニューなどを楽しめるようになっています。
phonto
スイーツには、スペインで親しまれる「クレマ・カタラーナ」のほか、「栗とバニラのグローボ」といった秋の味覚を楽しめるメニューもラインナップ。セイボリーに並ぶスペイン風オムレツは、ソーセージと彩り豊かな野菜で仕上げている。また、たことジャガイモを使用した「ピンチョス」などスペインの郷土料理も用意しています。
Lladró Afternoon Tea-リヤドロアフタヌーンティー」
期間:2021年10月1日(金)~2022年1月31日(月)
時間:平日 14:00~17:00 / 土日祝 12:00~17:00
場所:JWマリオット・ホテル奈良 ラウンジバー「フライングスタッグ」
住所:奈良県奈良市三条大路1-1-1
価格:5,800円、JWマリオット・ホテル奈良 オリジナルラベル・グラスシャンパーニュ付 8,800円 ※いずれもサービス料込。
メニュー:
マッシュルームとサラミの香草パン粉焼き / パンコントマテ 生ハム オリーブ / ソーセージと野菜のスペイン風オムレツ / たことジャガイモのピンチョス / 小エビと茄子のタプナード / 栗とバニラのグローボ / クレマ・カタラーナ / チョコレートとラズベリーアルモニア / ベルガモットのチョコレート / キャラメルとナッツのプロフィテロレス / スコーン(大和茶&ドライフルーツ)クロテッドクリーム、オレンジママレード
【予約・問い合わせ先】
TEL:0742-36-6000
 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ