with girls
written by with girls 衣装デザイナー rie ∞
24.Apr.2020

私の子育てマインド

前回のブログで書いたとおり、
この自粛期間で、8歳の娘との二人時間が増えました♪

一人っ子なので、一人遊びは得意です。
実家も自営業で、離れているので頼ることもできず、
産後1週間後から、ほぼ家族でなんとか乗り越えてきています。

なので、仕事にも同行してくれて、何時間にもわたる打ち合わせでも、
隣で静かに待っていてくれます。

自宅で仕事に集中すると、お昼ご飯を忘れる私に、
お味噌汁とおにぎりを作ってくれます。

そんなふうに、小さい頃から、いつも私を支えてくれて、
それを当たり前のようにしてくれる娘。

でも、
本当はまだまだ子どもです♡
私も、彼女に甘えていてはいけないとも思います。

私の子育てマインド

私は、娘がまだまともに喋れない頃から、

「やってみたい」という娘の意欲を尊重してきました。


私がやってあげることはとても簡単です。
見守るより、やってあげる方が早いです。

でも、
私はいつまでも娘のそばにいられるわけじゃない。
一人で生きていける力を、身につけて欲しい。
と思っています♡



時間はかかるけど、
「できた」という小さな自信を積んでいって欲しい。


そんな子育てスタイルの私に、
ぴったりの食育スクールに出会えたことがきっかけで、
包丁を使わせたタイミングも早かったんです。

食育スクールでは、危ないことを重々説明したら、
娘は、危ないものなんだと認識した上で、挑戦することを自分で決めているので、
とても慎重に使っていたそうです。

そのお話を伺ってから、私が母として娘にできることは、
娘の力を信じること
だと思いました。

そのおかげで、
幼稚園の頃には、お味噌汁とおにぎりを作れるようになり、
今ではピーマンの肉詰めも作ってくれます♡

レシピも作り方も教えません。
「自分で考えて、おいしいと思うように作ってね」

自分で考えて、自分で決める
これは、私が思う生きる力です。
やりたいことを楽しみながらやっている娘の様子に、
私も改めて自分のことを考えさせられます。


今までも、これからも、
片目の 半目 でしっかり見守るスタイルです♪

娘に感謝♡私にできること...


普段から仕事に付き合ってくれる娘に、
家での時間は、
娘が話したい時、かまって欲しい時、ハグして欲しい時には
手を止めて向き合いたいと思います♡


自分で考えて、自分で決める。

を娘と共に、私もして行きたいです。


この自粛期間が、改めて私に教えてくれました。



今日もご覧いただき、本当にありがとうございます。

こちらのブログが
誰かの 何かの 力になれると嬉しいです...♡


instagramはこちら♪
5 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ